スポンサードリンク

DHAサプリメント

DHAサプリメントについてご紹介します。

DHAサプリメントとは、青魚の魚油に多く含まれる成分で、不飽和脂肪酸と
言う成分です。不飽和脂肪酸は、油の一種ですが、肉やバターなどの
動物性脂肪と異なり、固まり難い性質を持つため、動物性脂肪である
飽和脂肪酸と逆の働きをします。

通常、動物性脂肪である飽和脂肪酸は、現代の食生活の中では、摂取過多
傾向にあり、そのため、血液をドロドロにしたり、悪玉コレステロール
増やし、動脈硬化を促進したりと言ったように、健康に対して大きく
マイナスに働きます。

これに対して、DHAやEPAと言った不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロール
減らし、善玉コレステロールを増やしますし、血液もサラサラにする効果が
期待出来る成分です。

そのため、DHAサプリメントや、EPAサプリメントは、動脈硬化などを
予防する効果があります。そして、EPAやDHA(サプリメント)を摂取する事に
より、動脈硬化が原因となる、脳梗塞虚血性心疾患の予防や認知症(痴呆症)の予防に働きます。

更にDHA(サプリメント)は、頭が良くなる成分として人気が高く、そのため、
通常の健康食品と異なり、DHAサプリメントは子供にも適していると言う
意見も数多くあります。他にも子供に多くみられる、高ストレス下での
攻撃的な行動の改善効果や、抗アレルギー,抗炎症作用もあると言う
研究報告もあります。

DHAは、青魚の中でも、イワシやアジ、マグロなどに多く含まれる栄養素
ですが、日本人の標準的な食生活では、DHAの必要量の半分程度しか摂取
できていないとされていて、そのためDHAはサプリメントとして摂取する
必要が高い栄養素だと言われていて、DHAサプリメントは、人気の高い
サプリメントとなっています。

DHAサプリメントを選ぶ時に注意したいことは、酸化の対策です。

EPAやDHA等の不飽和脂肪酸は、非常に酸化されやすく、酸化されてしまうと
健康に害を及ぼす過酸化脂質に変わりますので、EPAやDHAのサプリメントを
選ぶ時は、ポリフェノールビタミンEなどの、抗酸化作用の強い成分を
添加している製品を選んだ方が良いでしょう。

尚、DHAサプリメントは、製品による品質のばらつきが大きいので、
信頼できるメーカーのものを選ぶようにして下さい。


DHAとは

DHAとは、以前から頭の良くなる成分として有名でしたが、近年は、
メタボリックシンドロームなどの原因となる、内臓脂肪を減少させる
など、ダイエット効果にも注目が集まっています。

DHAとは正式名称を、ドコサヘキサエン酸と言う、オメガ3不飽和脂肪酸
の事です。主にマグロやアジ、サバ、サンマなどの、青魚の魚油に多く
含まれる成分ですが、通常の肉類などの脂(動物性脂肪)と違い、血流
を促進させ、血液が固まる事を防ぐ性質を持つ事から、血液をサラサラ
にする成分としても有名です。

また、DHAは、体内で生成する事が出来ないため、食べ物から、
取らなければならない必須脂肪酸です。

DHAが、広く知られたきっかけとなった、記憶力や学習力の向上と
言う働きについても、日本やイギリスの学者が、研究を重ねた結果、
日本人の子供の知能指数が、欧米の子供と比較して高い原因は、魚を
食べる量が多いからだと言う事が、証明された事に起因します。

そして現在では、DHAとは、摂取脂質バランスの改善に、とても適している
栄養素の一つとして、国連機関であるWHO(世界保健機構)においても
DHAの重要性が、訴えられている事から、DHAとは、健康維持に
必要な栄養素の一つとして、世界中の大学や、研究所の注目を浴びています。

DHAとは体内の脳・網膜・心筋・肝臓・母乳などに多く含まれる、非常に
重要な脂肪酸で、その機能も広範囲にわたります。

その為HHAとは、単に頭が良くなるというだけでなく、脂質栄養バランスの
改善と、DHAの体内濃度レベルを上昇させる事により、多くの病気や
障害の解決に、役立つ事が判っていて、現在でもDHAに対する研究は
進められています。

また、DHAとは、妊娠・授乳期の母親の必須の栄養素であるとして、
粉ミルクへの添加や、母親のDHAの積極的な摂取を奨める活動が、すでに
世界の公的レベルで始められています。

妊娠中は、DHAを3ヶ月目から摂取する事で、未熟児出産の予防や、
健全成長に効果が期待出来るとされています。
妊娠中に、お母さんが食べることで、胎盤や母乳を通して、赤ちゃんに
補充されて、赤ちゃんに効果的であることが発表されています。

DHAとは、赤ちゃんの心筋・脳・網膜の成長には、欠かせない成分の為、
赤ちゃんの健康にも、効果が期待出来るとされています。

この様に、DHAとは、赤ちゃんからご老人まで、多くの年代の方々の
健康に役立つ成分です。
(DHAの持つ、健康やダイエットに対する効果については、別ページで
ご紹介していますので、DHA効果のページをご覧下さい)

DHAとは、マグロやアジ、サンマをはじめ、様々な魚に多く含まれている
栄養成分です。その為、日本人に取っては、比較的なじみの深い栄養素
(食材)と言えますが、DHAなどの不飽和脂肪酸を摂る時は、出来るだけ
新鮮な状態で、良質な物を摂る事が必要です。

DHAなどの不飽和脂肪酸は、期待出来る健康効果は、素晴しい物の、
酸化しやすいと言う、弱点を併せ持ちます。その為、古くなったり、
調理での加熱状態によっては、酸化してしまうと言う事があります。

酸化すると過酸化脂質と言う、身体に取って悪い成分に、変わりますので、
注意が必要です。また、特にマグロやカツオと言った様な、大型回遊魚には
海水の水質汚染が原因となり、有害ミネラルが多いとされる意見もあります。
その為、現在は、DHAのサプリメントなどが人気を集めています。
タグ:DHAとは

DHAとEPA

DHAとEPAについてご紹介します。

DHAとEPAとは、正式名称を、ドコサヘキサエン酸(DHA)、
エイコサペンタエン酸(EPA)と言いますが、共に、アジやマグロ
などの、魚の油に含まれる不飽和脂肪酸の事です。

EPAもDHAも、共に油ですが、動物性の脂と違い、血中コレステロール
値を下げる働きがあり、常温では固まりにくく、液体を保つ成分ですので、
血液をサラサラにし、動脈硬化を予防することや、中性脂肪を減少させる
効果があります。

その為、DHAやEPAには、血液が固まる事を防ぐ性質を持ち、血栓が
出来る事を防ぐ事から、血液をサラサラにする効果があります。

DHAやEPAが、注目された原因としては、魚を主食とする日本の
漁村の人々や、イヌイットに、脳血栓、心筋こうそくなどの、疾患が
少ない事に注目して、研究を行った結果、EPAやDHAの摂取が、多いためで
ある事が分かり、EPAやDHAの持つ健康効果に、注目が集まりました。

現在では、DHAやEPAには、血液や血管を守る効果や、肥満を解消する
ダイエット効果、コレステロール対策効果などを中心に、生活習慣病
予防に有効な成分であるとして、高い評価を得ています。

更に、現代は、食生活の変化によって、飽和脂肪酸(動物の脂の事です)は、
過剰摂取気味で、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、不足傾向にある為、
以前にも増して、注目される事が多くなっています。

この様に、HDAもEPAも、共にダイエット、血流促進による生活
習慣病防止などの、健康効果がある成分ですが、DHAとEPAでは、
多少異なる働きも持ちます。

EPAもDHAも血流状態を良好にして、動脈硬化や肥満などの生活習慣病の
予防には、同じように働きますが、DHAは、脳にまで運ばれ、脳神経を
活性化させますが、EPAは、脳まで行き渡らない仕組みとなっています。

その為、多くの方がご存知のように、DHAは、記憶力や学習能力を
向上させる事により、脳に聞く成分として有名です。
また、EPAやDHAの持つ大きな効果の一つに、肥満解消である
ダイエット効果や、コレステロール対策効果がありますが、コレステ
ロールを下げる効果については、DHAの方が高く、一方、中性脂肪を
減少させる効果については、EPAの方が高いと言う違いを持ちます。

特に、DHAには、メタボリック症候群に深い関係を持つ、内臓脂肪の
減少効果があるとされています。
一方、EPAには、アレルギー反応の抑制効果や、乾燥肌、敏感肌等の
肌のトラブル解消、生理痛緩和効果、抗がん作用などがあると言われています。

最後に、DHAやEPAを摂取するときの注意点についてご紹介します。

まず、1点目は、過剰摂取に注意をすると言う事です。
DHAやEPAは過剰に摂取すると、血液が固まる力を弱めるので、出血しや
すくなる場合があります。その為、特定の疾患で治療中の場合や、手術
の前後は、医師に相談する事が必要です。

2点目は、酸化しやすい性質を持つという事を、理解する事です。
DHAやEPAなどの高度不飽和脂肪酸は、長期保存や加熱処理により
酸化しやすく、長期保存により劣化すると、過酸化脂質となり、がん細胞の
発育を促進することにもなります。その為、抗酸化力を持った食材を、
組み合わせるなどの対策が必要です。

現在、DHAやEPAのサプリメントが売れている理由には、この様な
EPAやDHAの持つマイナス面を、サプリで解消できる事も大きな
理由の一つです。

また、EPAやDHAが多く含まれている青魚にも、コレステロール
などは含まれているので、食べすぎにも注意が必要です。

DHA食品

DHA食品についてご紹介します。

DHA食品は、DHAを多く含む食品の事を言いますが、現在は食事
スタイルなどの変化に伴い、DHAを使用した健康食品(サプリメント)
なども合わせて、DHA食品と呼ぶ事も多いようです。

食材として、DHAが豊富なDHA食品とは、マグロ(トロ)、ハマチ、
サバ、真鯛、うなぎ、さんま、マイワシ、ぶり、ニシン、アジ、アナゴ、
サケ、シシャモ、カマス、鮎、カレイ、スズキ、たらこ、カジキ、数の子、
ます、あん肝、ハモ、めざし、鮭の筋子(すじこ)、ほたるイカ、タラコ
などです。

その中でも、特に多く含まれている食品は、マグロ(トロ)、ハマチ、
サバ、真鯛、サンマなどです。

DHAは、記憶力が良くなる成分として、脚光を浴びた栄養素ですが、
期待出来る健康効果は、豊富で、頭以外にも、コレステロール対策や
ダイエット、メタボリックシンドローム対策(内臓脂肪減少)など、
生活習慣病予防など、広く健康維持に役立つ成分です。

その為、DHAやEPAを主成分としたサプリメント(健康食品)も
数多く発売されています。その様なDHA食品(DHAサプリなどの
健康食品)を選ぶ時に、知っていて頂きたい事があります。

それは、抗酸化力に優れた成分を、一緒に含有している製品を選ぶと
言う事です。

この理由は、DHAEPAは、酸化しやすいため、DHA単体だと、
本当の効果を、実感できない事が多いためです。その為、サプリメント
等のDHA食品を選ぶ時は、ビタミンEや、セサミンなどの抗酸化力が
強い成分を、一緒に加えている製品を、選ぶ様にしましょう。

また、この事は、魚などのDHA食品(食材)についても、同様です
ので、ビタミンCやビタミンEなどの、抗酸化作用の強い栄養素を、
含む食材と、組み合わせた方が良いでしょう。

タグ:DHA食品

セサミンDHA

セサミンDHAに関してご紹介します。

セサミンDHAとは、セサミンとDHAと言う二つの成分をあわせた
サプリメントです。サントリーを初め、様々なサプリメントメーカーで
販売しています。

DHAは、正式名称を、ドコサヘキサエン酸と言いますが、サバ、サンマ
などの青魚に、多く含まれている成分で、学習能力や記憶能力に関係
するといわれている成分です。その為、DHAは、頭を良くする成分
として人気が高い成分です。

また、DHAやEPAは、学習能力や記憶力を向上させる事以外にも、
肥満解消を目的とした、ダイエットに対しても、効果が高いとされる
成分です。

これは、DHAやEPAが、脂肪細胞の膨張を抑えて、脂肪燃焼を促進
する働きを持つ持つためです。

DHAのダイエット効果は、ダイエット全般に働きますが、その中でも、
現在とても注目度が高い、メタボリックシンドロームの、大きな原因の
一つである、内臓脂肪に高い効果を発揮すると言われています。

その為、DHAは、内面からのダイエットに最適とされていて、生活
習慣病を、予防する効果が高い栄養素として、改めて注目を集めています。

このような、素晴しい働きをしてくれるDHAにも弱点があります。
DHAの弱点とは、抗酸化性能が弱いと言う事です。
DHAやEPAは、体内で酸化しやすいデリケートな成分で、そのまま
摂取したのでは、本来の力が発揮できないという弱点があるのです。

然し、このDHAの弱点は、酸化を押える働きを持つ成分を、プラス
する事により解消されます。

高い抗酸化力を持つ成分は、いくつかありますが、セサミンも高い
抗酸化力を持つ成分として有名です。
セサミンとは、多くの食材の中でも、素晴しい栄養分を持つ食材として
有名なゴマの主成分です。また、セサミンを摂る時は、ビタミンEと
一緒に摂ると、吸収効率が高まります。

この様にセサミンをDHAと一緒に摂る事により、DHAの弱点である
体内で酸化しやすいと言う事を防止して、ダイエットや、健康作りに
役立ちます。

尚、セサミンが入っているサプリを選ぶ時は、ビタミンEを加えている
製品を選んだ方が効果的です。現在子供の事を考えて、DHAやEPA
を、子供に与える方が多くなりましたが、現在は、メタボリックなどの
生活習慣病も若年化が進み、その為、肥満で悩む子供も多くなっています。

その様な時に、学習能力と肥満解消に同時に効果がある、DHAやEPAは、
役立ちます。また、DHAは、胎児にもお母さんから受け渡されるため
将来、肥満になりにくく、知能指数が高い子供を産むためにも、DHAや
EPAを、日ごろから積極的に摂っておきたいものですね。

DHAの効果とは

DHAの効果についてご紹介します。

DHAの効果と言うと、代表的な効果とされるものに、記憶力が向上する、
学習能力が向上する、老人性痴呆症(ぼけ)を予防するなどの、脳に
関係する効果があります。その為、DHAの効果とは、頭を良くする事
と思われている方も、多いのではないでしょうか。

然し、DHAの効果は、頭以外にも、ダイエットや、コレステロール対策、
妊娠中の未熟児予防、アトピーや花粉症などの、アレルギー対策などと
言った様に、生活習慣病予防やダイエットをはじめ、様々な健康に対して、
優れた効果を発揮します。

この様な、豊富なDHA効果の中でも、このページでは、特にダイエットに
関するDHAの効果を中心に、ご紹介していきたいと思います。

EPAやDHAの効果の中で、特にダイエットと関係が深いのは、
コレステロールと脂肪減少効果です。その中でも特に、メタボリック
シンドロームと深い関係を持つ、内臓脂肪に関するDHAの効果は、
現在注目を集めているDHA効果の一つです。

元々、DHAやEPAは、同じく青魚の脂に含まれる不飽和脂肪酸と
して、ダイエットに対して、効果があるとされていました。

その中でも特にDHAは、中性脂肪対策に、EPAは、コレステロール
対策に、より効果が高いと言う特徴を持ちます。

このような中で、近年DHAの持つ効果には、内臓脂肪を減少させる
働きがあるとされ、注目を集めています。内臓脂肪は、現在最も、リスクの
高い疾患の一つとされる、メタボリックシンドロームの原因となる、
脂肪です。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群とも呼ばれる通り、内臓
脂肪が、多く蓄積された状態に加え、糖尿病や高コレステロール血症、
高脂血症、高血圧などのうちで、2つ以上の疾患に該当する場合を言います。

元々、中高年男性に多い症状でしたが、現在は、女性にも、子供にも
発症する危険性が高まったとして、注目されている疾患です。

このような状況の中で、DHAの効果では、中性脂肪のみならず、内臓
脂肪を減らす事が期待出来ることから、高い注目を集めています。
また、実際にDHAを摂る場合は、DHA単体より、EPAと合わせて
摂る場合が多いと思いますが、EPAは、コレステロール対策に、とても
高い効果を発揮します。

特に、コレステロール対策の中でも、コレステロールを減少させる以外にも、
善玉コレステロールを増やす働きを持つため、DHAやEPAは、
コレステロール対策と、内臓脂肪対策が同時に出来る事から、メタボ
リックの予防にも、効果的と言われます。

更にDHAの効果は、効率よく脂肪を減少させていきますので、肥満
対策に、EPAやDHAは効果的な働きをします。

尚、EPAやDHAは、不飽和脂肪酸ですので、酸化しやすいと言う
特徴を持ちます。酸化すると、過酸化脂質と言う成分に変わる為、発ガン
などの、健康被害の心配が出ますので、酸化には、十分注意をする必要
があります。その為、DHAやEPAを摂る時は、古くなったものを
摂らないようにする事が必要ですし、一緒に抗酸化力の高い、栄養素を
摂ると良いでしょう。

また、EPAは摂り過ぎると、血液が固まりにくく、出血しやすくなり
ますので注意が必要です。

尚、ダイエット以外で、DHAの効果が得られたと発表されている効果には、
知能指数の向上・アレルギー性炎症の抑制・虚血心筋保護作用・坑不整
脈作用・大腸ガン抑制・急性肝炎・脳血栓の予防・視覚機能の向上・
大脳皮質機能の向上・細胞膜流動性の向上・アトピー性皮膚炎・脳血管
性痴呆症・アルツハイマー・腎不全・抗ストレス作用などがあります
タグ:DHA効果
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。