スポンサードリンク

キトサンサプリメント

キトサンサプリメントの、種類や特徴についてご紹介します。

キトサンサプリメントには、大きく分けて、キチンキトサンサプリメントと
キノコキトサンサプリメントがあります。

通常キトサンサプリメントと言うと、キチンキトサンのサプリメントを
指す場合が多いようですが、キノコキトサンのサプリメントも、キトサン
サプリメン
トとも呼ばれますので、キトサンサプリメントには、大きく
分けて、2種類あると覚えておく事が必要です。

キノコキトサンサプリメントの、キノコキトサンとは、マイタケや椎茸
などの食用キノコから抽出したキトサンです。βグルガンと言う成分が
含まれていて、主に、キトサンサプリメントの中でも、ダイエット
サプリメントとして使用される事が多いようです。

これに対し、キチンキトサンサプリメントには、同じキトサンでも、
カニやエビなどの甲殻類から抽出したキチン質を、体内に吸収できる
様に、加工した成分である、キチンキトサンを使用した、キトサン
サプリメントです。

脂肪の排出効果がある事から、肥満対策や生活習慣病の予防など、健康に
役立つ成分として、高い評価を得ています。

キチンキトサンサプリメントには、大きく分けて、高分子、低分子の
2種類がありますが、分子量の大きさにより分けられます。
高分子キトサンは、分子のサイズが大きいキトサンで、分子1粒の大きさ
(分子量)が大きい為、体内への吸収はされませんが、動物性の食物繊維
として、胃腸を刺激してお通じを促す事から、便秘解消や食物繊維の持つ
善玉菌を増やす作用から、腸内環境を整える働きをします。
(人間の体が吸収できるのは分子量が10万以下と言われています)

一方、低分子キトサンは分子量は、10万以下と分子のサイズが小さく、
腸からスムーズに吸収されて、肝臓を始めとする内臓や血液に作用して、
血液の中にある脂肪や、老廃物などの有害物質を吸着して、体外に排出する性質を持つため、ダイエット効果はもちろん、生活習慣病の予防に
役立つ成分として、注目を集めています。

高分子キトサンは比較的安く手に入りますが、低分子キトサンは、加工に
高度な技術と、多大な費用が必要なため、金額の高い商品が多くなっています。

また、更に身体への吸収率を高めた、水溶性低分子キトサンもあります。
水溶性とは、水に溶けやすいということですが、本来キトサンは、高分子で、
水に溶けない非水溶性の物質です。しかし、特殊な技術で、低分子化
することで、水に溶けやすい水溶性へと変わり、さらに体への吸収率が
高まるという訳です。

この様に、キトサンサプリメントと言っても何種類かあり、その種類に
より価格も様々です。そのため用途に合わせて、必要なタイプのキトサン
サプリメントを選ぶ様にした方が良いでしょう。

また、一部のキチンキトサンサプリでは、アレルギーの方は注意が必要
ですし、多量摂取による副作用は、ないとされていますが、体質や体調
により、異なりますので注意が必要です。

サプリメントは、多く摂れば良いと言うものでもありませんので、
きちんと使用量を守って、使用した方が良いでしょう。


キトサンアフターダイエット

キトサンアフターダイエットについてご紹介します。

キトサンアフターダイエットとは、キトサンに、ギムネマ・シルベスタ、
オオバコ、カプサイシン(唐辛子)などの、脂肪燃焼と肥満解消に、
役立つとされる、成分を加えたキトサンダイエットサプリメントです。

キトサン(キチンキトサン)は、カニやエビなどの甲羅から抽出した
成分で、ダイエットや健康維持にとって、効果的な働きをする成分と
して注目度の高い成分です。

その中でも、食物の中の脂肪分や、コレステロールを体外に排出する
働きが高く評価させていて、ダイエットサプリメントとしても、人気の
高い成分です。

また、ギムネマもダイエットにも効果的な成分ですが、特に糖尿病予防
に、効果的な成分です。ギムネマの抽出成分に含まれる、ギムネマ酸が、
腸管での糖の吸収を遅らせて、インスリンの分泌を抑え、糖分の吸収、
血糖値の上昇を、抑える効果があるといわれています。

また、脂肪の吸収を抑える作用もあり、血糖値が高めで、肥満の人に
向いているといわれています。他にもオオバコには、サイリウムと
言う成分が含まれていて、満腹感を感じやすくしてくれますし、カプサイシン
も脂肪燃焼を促進する成分です。

この様にキトサンアフターダイエットは、トータル的に肥満解消を
サポートしてくれるサプリメントです。

特に中高年のダイエッターさんの中には、血糖値が高くてとか、高脂血症
(コレステロールと中性脂肪の両方の数値が高い状態)などで、お悩みの
方も、多いと思いますので、その様な方には、キトサンアフターダイエットは、
嬉しいダイエットサプリメントではないでしょうか。

ダイエット中でも、油っこいもの、甘いものが好きな方、つい食べ過ぎて
しまう方、外食の多い方に、お勧めのサプリメントです。

キトサンダイエット

キトサンダイエットとは、キトサンの持つコレステロールや脂肪分、
糖分の吸収抑制、排出効果、抗酸化作用などを生かした、ダイエット法です。
キトサンダイエットでは、脂肪を含む食事でも、キトサンを一緒に摂る
ことで、脂肪の吸収を妨げて、太りにくくなるとされています。

キトサンには、エビやカニなどの甲殻類から精製したキチンキトサンと
マイタケなどの茸類から精製したキノコキトサンの2種類があり、それ
ぞれ特徴が異なります。

キトサンダイエットには、キチンキトサンを使用する場合と、キノコ
キトサンを使用する場合がありますが、キトサンダイエットと言うと、
キチンキトサンのダイエットで(キチンキトサンを使用したダイエット)
で、キノコキトサンを使用した場合は、キノコキトサンダイエットと
呼ぶ場合が多いようです。

然し、キチンキトサンダイエットでも、キノコキトサンダイエットでも、
食事前にキトサンを飲むと言う事には、変わりありません。

現在では、キトサンのダイエットとしては、キノコキトサンを使用した
方法が人気が高いようです。
これは、キノコキトサンには、キチンキトサン以上にダイエットに
適している特長を持つからです。

キチンキトサンのダイエット効果のメカニズムは、キチンキトサンは、
特殊な食物繊維なので、身体に取って、不必要な物質を排出する働きを
持ちます。また、この働きにより、脂肪の分解を行う、すい臓リパーゼ
の作用を阻害します。つまり、脂肪の吸収を妨げる事で、肥満を予防します。

また、食後には、消化を行う為に胆汁が出ますが、胆汁に含まれる
胆汁酸やリン脂質は、食物中の脂肪と混じって、マイナスの電子を帯びた
小さな脂となります。ここへ、プラスの電子を持つキチン・キトサンを
摂ると、脂を吸着して覆い、そのまま吸収されずに、体外に排出します。

また、コレステロール対策にも有効です。体内のコレステロールは、
肝臓で合成される量が多く、その合成は、血液中のコレステロール値
にも影響します。しかし、肝臓のコレステロールから、つくられた胆汁酸は
キチン・キトサンと吸着して排出され、肝臓では排出された分の胆汁酸を
コレステロールを使って合成します。

その結果、血液中のコレステロール値も下がってくるのです。

以上がチキンキトサンのダイエット効果ですが、キノコキトサンは、
更に強力です。キノコキトサンも同じように、脂肪やコレステロールの
排出を行いますが、更に、キノコキトサンには、腸壁をキトサンで
コーティング、洗浄して、油分の吸収をカットする働きに加え、更に
胃液でキトサンが膨張し、食物中の油分を包み込む、脂の凝集性と言う
性質を持っています。

腸の内壁をコーディングし、食事で摂取した脂肪が、吸収されるのを
抑制する作用があり、脂肪の多い食事と一緒に摂ることで、自然と、
カロリーダウンができ、ダイエットへとつながるのです。

また、血液中の中性脂肪やコレステロールを、体外へ排出する作用も
ありますが、コレステロールを低減させる際に、LDL(悪玉コレステ
ロール)だけを減らして、HDL(善玉コレステロール)は、減らさない
と言う特徴を持ちます。

つまり、キノコキトサンは、悪玉コレステロールに対してだけ、作用
するという、優れた性質をもっています。肥満体質の方は、LDLが
多く、HDLは少ないと言う場合が多く、このような場合、総コレステ
ロールを減らしても、HDL(善玉コレステロール)も減ってしまうと、
動脈硬化などにかかり易くなりますので、ダイエットには、キノコ
キトサンの持つ、コレステロール効果は嬉しい効果です。

また、キノコキトサン特有のβグルカンも、脂肪を減少させますし、
抗酸化作用が強いので、脂質やコレステロールの酸化を押えて、肥満
解消や病気予防に働きます。

以上の様な事から、キノコキトサンのダイエット効果は、大変注目
されている効果の一つです。

キトサン効果

キトサンの効果には、細かく言うと、カニやエビなどの、甲殻類の甲羅
などを原料とする、キチンキトサンの効果と、マイタケやシメジなどの
食用キノコ類を原料とする、キノコキトサンの効果の、二種類のキトサン効果
があります。

ちなみに、チキンキトサンと言う名称を見かける事が、たまにありますが、
これはキチンキトサンの呼び間違いで、チキンキトサンと言うキトサン
はありません。

キチンキトサンと、キノコキトサンの、一番大きな違いは、キノコキトサン
には、βグルカンと言う成分が含まれますが、キチンキトサンには、
βグルカンは、含まれません。

そのため、キトサンの効果としても、キチンキトサンでは、βグルカン
の持つ健康効果は、期待できないと言う事になります。
βグルカンは、抗がん効果があるとして、注目をされている成分ですが、
これは免疫力を向上させる、働きが強い為です。

キチンキトサンにはβグルカンは、含まれていないものの、免疫力を
向上させる働きを持ちます。主なキチンキトサンの効果としては、
免疫力を高めることで、糖尿病、高脂血症、高血圧、肝炎、腎臓病、
アレルギー性疾患、不眠症、神経痛、リウマチ、腰痛、白内障、骨粗鬆症、
四十肩、五十肩、更年期障害などに、効果があると言われていますし、

それ以外の代表的な効果としては、「解毒・排毒」、「細胞の活性化」、
「抗菌・防カビ作用」、「腸内環境改善」、「抗がん作用」、「血管の
弾力性維持」、「血圧調整作用」などがあります。

そのため、体内に溜まっている不要な物質を排出する、デトックス(毒だし)
効果や、血管が硬くなる事を防ぎ、動脈硬化を予防し、血圧が上がる
原因である、塩化イオンを吸収し対外に排出する為、高血圧を予防したり
と言った、生活習慣病予防に役立ちます。

また、食後に摂取する事により、消化液の胆汁を排出させるため、
コレステロール値も下がりますので、血管の弾力性維持作用と共に、
動脈硬化の予防にも働きます。
また、脂質などの吸収を抑えるので、ダイエット効果もあります。


これに対して、キノコキトサンの効果としては、主に、肥満解消や
コレステロール対策等の、ダイエットに関係する効果が多いです。

キトサンの持つダイエット効果については、別ページにて、詳細情報を
ご紹介していますので、キトサンダイエットのページをご参照下さい。


キチンキトサン

キチンキトサンとは、キチンキトサンとは、カニやエビ、シャコ等の
殻を精製して、作った物質であるキチンを、アルカリ反応させて作った、
高分子多糖体であり、動物性の植物繊維です。

キチンキトサンの、キチンとは、イカ、貝などの軟体動物の骨格や、
殻、エビやカニなどの甲殻類の外殻などに、含まれる物質で、自然界に
広く存在する物質です。

キチンは、細胞を活性化する為、健康維持にとても重要な働きをする
物質ですが、私達人間は、キチンの消化酵素を持っていないため、吸収
することができません。

これに対して、人間の身体にも吸収できるように精製加工した成分が、
キトサンです。

キトサンの研究は、国を上げて取り組んだ事もあり、現在では、日本は
キトサン研究の分野では、先進国と呼ばれます。然し、現在でも、キチンを
100%キトサンに加工する事ができず、どうしても加工時には、キチンが
残り、キチンとキトサンが混じった状態になります。

そのためキチン・キトサンと、ふたつの物質名を合わせて、キチンキトサンと
呼んでいます。

この様にキチンキトサンを簡単に言うと、かになどの甲殻類に含まれる
健康に優れた働きをする、キチンと言う物質を、人間の身体に合う(吸収
できる)ように加工した物が、キチンキトサンと言うことが出来ます。

この様に、キチン・キトサンは、身近なところでは、エビやカニの甲羅に
含まれていて、太古より存在していました。ただ、つい最近までは、
利用価値が、あまり高く評価されていなく、廃棄されることが多かった
物質です。

然しここ数年の間に、国が補助金をつけて研究開発を行った事もあり、
バイオの先端物質として注目され、研究開発が急激に促進されて来ました。
そのため、キチンキトサンなどのキトサンは、現在最も注目されていると
言われます。

キチンキトサンのベースである、キチン質の吸収酵素を、植物が持ちます。
昔の農業は、現在のように農薬や化学肥料も発達していなく、貝や海老
などの甲殻類を、肥料に使ったり、昆虫なども田畑に多くいました。

そのため、昔は人間も野菜等の食物を通じてキチン質を摂取し、知らず
知らずのうちに、健康維持に役立てていたといわれます。
しかし、現在では、農業技術の発達に伴い、農薬や科学肥料を多用する
事により、これら作物中のキチン質も少なくなっているといわれます。

キチンを吸収するチャンスのない野菜や果物は、細胞の活性化が妨げられ、
味や栄養価か落ちてしまいます。この様な食物の変化は、味だけではなく、
体の抵抗力や、免疫力を高めるキチン質の、吸収量が低下した事により
アレルギー疾病や、生活習慣病等を増やす一因とも言われています。

そのため、良質なキチンキトサンを、サプリメント等で摂取する事により、
ダイエットや健康に役立つとして注目を集めています。

※、キトサンの効果や、キノコキトサンに対しても別ページで、
ご紹介しています。どうぞ、ご参照下さい。
・キノコキトサンのページ・キトサン効果のページ

キノコキトサン

キノコキトサンとは、食用キノコから抽出した成分です。

キトサンには、海老などの甲殻類から抽出した、キチンキトサンと、
キノコ類から抽出した、キノコキトサンの二種類がありますが、両者の
大きな違いとして、βグルカンと言う成分が、キノコキトサンには、
含まれるが、キチンキトサンには含まれていないと言う事が、上げられます。

その為、キノコキトサンは、別名をキトグルカンとも呼びます。

キトサンは、キチンにしても、キノコキトサンにしても、生活習慣病
などを、予防する働きを持つ健康成分として有名ですが、その中でも、
キノコキトサンの持つ肥満解消効果には、注目が集まっています。

このキノコキトサンの、肥満解消効果のベースとなる成分が、βグルカン
です。それは、βグルカンには、脂質の凝集や、余分な体内脂肪を燃焼
する働きがあるからです。

βグルカンとは、ブドウ糖が長く繋がってできた多糖体で、抗がん効果で
有名なアガリクス茸や、マイタケなどのキノコ類や酵母、海藻類などに
多く含まれている成分です。

その中でも、キノコキトサンのベース素材であるキノコは、βグルカン
などの、様々な複合多糖類から構成されており、それらが相互に、絡み
合って、その形が保たれています。

この複雑な構造を、なるべく壊さない様に、特殊な技術により抽出された
のが、キノコキトサンです。そのため、キノコキトサンは、胃酸にも
水にも溶けない性質を持ち、膨張して腸内をコーティングし、腸壁から
油分が吸収されるのを阻み、食事で摂った油分を包み込んで、排出する
性質を持っているといわれます。

この働きを利用する事により、キノコキトサンには、余分な脂肪を減少
させたり、コレステロールの排出をする効果があるとされていて、肥満
解消などの、ダイエットに適している成分とされています。

きのこキトサンは、きのこの中でも、エノキダケ・シイタケ・マイタケ・
アガリクスダケなどの、食用きのこに多く含まれている成分ですが、
含有量は非常に少なく、キノコの細胞内にきわめて少量含まれている
という、とても貴重な成分です。

そのため、キノコキトサンを抽出して精製するには、とても高い技術が
必要とされていて、従来は、キノコキトサンの精製は、非常に困難だと
されていました。

然し、国でも特別な予算を計上して研究開発を行った結果、現在では、
精度・効率の高い、抽出精製技術の開発に成功したと言う成分です。
そのため余り、認知度は高くありませんが、現在最も注目されている
素材の一つだと、キノコキトサンは言われます。

また、注目をされているという点では、キチンキトサンも同じですが、
キチンキトサンに多いとされる、アレルギーに対する問題も少なく、
また、キノコキトサンの安全性は、公的機関で証明済みと言う様に
安全性の高さも、キノコキトサンの特徴の一つです。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。