スポンサードリンク

アルファリポ酸ダイエット

アルファリポ酸とダイエット効果についてご紹介します。

アルファリポ酸がダイエットに最適とされるのは、アルファリポ酸
(αリポ酸)が、糖分や脂肪分を燃焼させて、エネルギーに変換させる為に
働く、ミトコンドリアに深い関係を持つ成分だからです。

そのため、アルファリポ酸には、体の中にある脂肪の燃焼を助けて、脂肪が
燃えやすい体を作るという作用があります。

アルファリポ酸は、以前は医薬品にしか使用できない成分でしたが、
アメリカやヨーロッパでは、以前からサプリメントとしても利用されて
いて高い人気を誇っていた成分です。

そのため、日本でも、医薬品以外の使用目的でも認可されると同時に
高い人気を誇る製品になりました。

そして、現在では、アンチエイジングやダイエットの分野では、高い人気を
誇ります。アルファリポ酸(αリポ酸)は、元々人体の中にも存在する
補酵素ですが、加齢と共にその量が減少してきます。

そして、加齢と共に、体内の脂肪燃焼効率や、抗酸化作用も落ちてくる
場合が多く、減少した、αリポ酸などの補酵素を、食物などから補給
する必要があるわけですが、アルファリポ酸は、食品に含まれる含有量が
非常に少ない為、サプリメント等で補給する事が一般的です。

そして、補給したアルファリポ酸のダイエット効果(肥満解消&太りにくい
体質への移行)を利用した方法が、アルファリポ酸ダイエットと呼ばれています。

アルファリポ酸ダイエットは、いわゆる燃焼系ダイエットと呼ばれる方法
ですので、ある程度基礎代謝が高いと、運動をしなくても痩せる事が
出来ますが、運動習慣がない方などの、基礎代謝が低下している方は、
有酸素運動などとの併用が必要です。

また、高い効果を求めるなら、L-カルニチンを、一緒に摂取した方が
燃焼効率が高まりますので効果的です。

アルファリポ酸もL-カルニチンも、共にミトコンドリアに関係して脂肪や
糖質を燃焼させて、エネルギーに変換させる働きをしますが、アルファ
リポ酸ダイエットに、カルニチンを併用する事により、相乗効果で脂肪
燃焼効率が高まります。

アルファリポ酸には、ミトコンドリアという、細胞内のエネルギー生産
工場に、ブドウ糖などの、糖質を積極的に届ける働きがあります。
つまり、糖質の代謝を促進するので、ダイエットにも効果的ということです。

この時に、脂肪をエネルギーに変えてくれる、L-カルニチンといっしょに
摂ると、さらに効果的といわれています。

そのため、アルファリポ酸ダイエットを効果的に実行するなら、
アルファリポ酸とL-カルニチンが一緒になっているタイプの、
アルファリポ酸ダイエットサプリメントを利用したほうが良いでしょう。

この場合、αリポ酸の1日の摂取量の目安としては、100mgと言われています。
また、燃焼系ダイエットと呼ばれる様に、脂肪燃焼を効率的に行うには
有酸素運動などを併用すると効果的です。

サプリメントは、一般的に食後にのむ場合が多いですが、αリポ酸は、
空腹時の方が、吸収率が高いとされているので、食事前の空腹時に
飲む方が良いでしょう。

更に、αリポ酸には、高い抗酸化力と、環境ホルモンや有害ミネラルなどを
排出するデトックス効果があります。

これは、αリポ酸には、有害金属を、カニのツメではさむように吸着して
体外への排出を促すキレート作用があるからです。

デトックスは、体内からの毒だしとも呼ばれますが、有害ミネラル(重金属)
などは、効率的なダイエットの邪魔をしますし、脂質や糖質が酸化されると
ダイエットしても痩せにくい体質に変わっていく事があるので、これらの
効果も、嬉しいダイエット効果です。


αリポ酸とは

αリポ酸とは、とても強力な抗酸化作用を持つ事が特徴の成分です。

このページをご覧になっている貴方は、美容や健康、ダイエットに
ご興味のある方だと思いますが、貴方は活性酸素と言う言葉をご存知で
しょうか。(活性酸素の説明ページはこちら→活性酸素のページ)

活性酸素は、身体の様々な部位を酸化させてしまい、老化や肥満、生活
習慣病、肌のシミなどの原因となり、美容と健康を阻害する物質です。
勿論、脂肪や糖分を酸化させる事により、ダイエットの弊害にもなります。

この様な、美と健康にとって、大きな弊害の一つである、活性酸素などの
酸化から身体を守る働きを有するのが、アルファーリポ酸(αリポ酸)です。

アルファーリポ酸(αリポ酸)は、体内でも生産されますが、生産量は
ごく微量で、加齢とともに生産量は減少します。そのため、食物から
摂取する必要があるのですが、食物などで比較的多く含まれていると
される、ほうれん草、レバー、ブロッコリー、トマトなどでも、僅か
しか含まれておらず、アルファリポ酸(αリポ酸)の1日の摂取量を
食品からのみ摂取するのは、難しいといわれます。

これは、食品に含まれるαリポ酸の量が少ない事に加えて、現在の生活
習慣の変化が大きく関係します。身体に取って酸化と言う現象が、健康
(ダイエットも含む)や美容に取って、大きなマイナスとなる事は、
先程、説明させて頂いた通りですが、現代は非常に多くの状況が、身体を
酸化させる危険性を持っていると言われていて、ストレスや活性酸素、
電化製品などが原因となり、体の酸化を促進させています。

また、その様な中において、本来、酸化を抑える働きが、野菜等の食品に
あるわけですが、農薬や酸性雨などにより、野菜などに含まれる栄養素も
以前に比べて、大きく減少してしています。

この様な状況の中で、αリポ酸の持つ抗酸化力は、高い評価を得ています。

アルファリポ酸(αリポ酸)に限らず、抗酸化力を持つ栄養素や成分は
他にもあり、ビタミンCやEなども、抗酸化ビタミンと呼ばれる通り、
強い抗酸化力を持つ栄養素です。

しかし、アルファリポ酸の持つ抗酸化作用は、一般的な抗酸化物質と違い、
一度、酸化還元されても再度、再活性化する為に、何度でも酸化を防止します。

言わば、普通の抗酸化物質が1度で死んでしまうのに対し、αリポ酸の
抗酸化力は、リサイクルして、何度も使用できると言う特性を持ちます。

また、アルファリポ酸(αリポ酸)がある事により、活性酸素と闘って
死んでしまった(酸化されてしまった)ビタミンCやEを、元に戻し、
再び活性酸素と、闘えるようにする働きを持ちます。

そのため、αリポ酸とは、健康と美容を守る栄養素として、サプリメント
としても、人気の高い製品となっています。

アルファリポ酸の効能とは

アルファリポ酸の効能についてご紹介します。

代表的なアルファリポ酸の効能は、ダイエットと老化防止
(アンチエイジング)です。

アルファリポ酸(αリポ酸)は、アルファリポイック酸とも呼ばれますが、
以前は医薬品としてしか認められていなかった成分です。そのため、
サプリメント等の栄養補助食品としては、アルファリポ酸(αリポ酸)は、
比較的新しい成分ですが、短期間で注目度・人気共に、急上昇して現在では、
アンチエイジングやダイエットなどの美と健康の分野では、人気の高い
成分となっています。

アルファリポ酸(αリポ酸)の人気が高い原因としては、元々アメリカや
ヨーロッパで、高い人気を誇っていた為、国内においても、注目度が
高かった為です。そして、その秘密は、優れたアルファリポ酸の効能にあります。

アルファリポ酸は、元々体内にも存在する補酵素ですが、強力な抗酸化力と
糖質の代謝を向上させる働きがあります。

そのため、代表的なアルファリポ酸の効能としては、抗酸化作用
(アンチエイジング)と肥満体質の解消(ダイエット)となります。

特に、アルファリポ酸(αリポ酸)の持つ抗酸化力は優れていて、
抗酸化ビタミンと言われるビタミンC、ビタミンEの400倍もの抗酸化力を
持つことに加えて、他の抗酸化物質が酸化された後も、再度、酸化された
抗酸化物質を活性化させると言う働きを持ちます。

この事は、例えて言うならば、活性酸素などの酸化物質と戦い、勝利して
死んでしまったビタミンCや、ビタミンE等の、抗酸化成分を、再度生き
返らせる力を、アルファリポ酸(αリポ酸)は持つと言う事で、この作用が
他の抗酸化物質と、αリポ酸の最大の違いでもあります。

更に、デトックスと言われる体内毒素の排出作用も、アルファリポ酸は
持っていて、水銀・カドミウムなどの重金属、環境ホルモンなどの化学
汚染物質を、排出する事により、より一層、ダイエットや若返りなどの
美容効果を、増すと言われています。

またアルファリポ酸は、分子量が小さいため、行き渡りにくいとされる
脳にも届きますし、体内のあらゆる所に行き届きます。

更に、水にも脂にも溶けるので、吸収率にも優れているという、特徴も
持ちます。

この様に他に例を見ない、強力な抗酸化力と、抗酸化システムを持つ事が
アルファリポ酸の効能の一つですが、アンチエイジングとも呼ばれる
抗酸化作用は、一般に知られている老化防止や、美容効果以外にも、
様々な健康維持に取って有効に働きます。

それは、現代は、活性酸素やストレスなどで、酸化されやすい事が多く、
身体が酸化されると、ガンなどの生活習慣病の大きな原因になるからです。
細胞が酸化されるとガンに、コレステロールが酸化されると動脈硬化、
糖分や脂肪分が酸化されると、肥満体質(太り易く、痩せにくい)や
糖尿病を悪化させる原因になります。

そのため、優れた抗酸化作用を持つアルファリポ酸の効能は、美と健康に
対して、優れた効力を発揮します。

また、もう一つの代表的な、アルファリポ酸の効能である糖質代謝も、
糖質(ブドウ糖)のエネルギー変換効率を上げ、リバウンドしにくい、
身体を作る為の体質改善に役立ちます。

アルファリポ酸は、体内でも生産されますが、生産量はごく微量で、
加齢とともに生産量は減少します。そのため、ほうれん草、レバー、
ブロッコリー、トマトなどの、含有量が多いとされる食材から、摂取
する必要がありますが、食品にはわずかしか含まれていない為、
サプリメント等で摂取する方法が、一般的となっています。

αリポ酸とコエンザイム

αリポ酸とコエンザイムの特徴と、αリポ酸とコエンザイムQ10の相乗効果
についてご紹介します。

αリポ酸もコエンザイムQ10も共に、アンチエイジングやダイエットに
適している成分と言われていて、共に人気の高い成分です。
αリポ酸もコエンザイムQ10も以前は、医療用としての認可しか下りて
いなかった為、サプリメント等の健康補助食品としては、比較的新しい成分です。

然し、現在では、αリポ酸もコエンザイムQ10も共に、国内でもTOP
クラスの人気を誇る成分になっています。何故、この様に比較的早い段階で
人気が高くなったかと言うと、アメリカやヨーロッパでは、以前から
ダイエットや美容、健康維持に適したサプリメントとして人気が高く、
知名度も高い成分だった為に、国内でも、医療用以外での使用が可能に
なると同時に、注目され人気が高まっていきました。

αリポ酸とコエンザイムも元々、人間の体内に存在する成分(補酵素)で、
脂肪分や糖分の燃焼に関わったり、抗酸化力を持つため、肥満解消や、
美容、健康維持に取って必要不可欠な成分ですが、年齢と共に減少して
いくため、食品などから摂取する必要がある成分です。

然し、αリポ酸やコエンザイムは、食品に含有されている量が少ない為、
サプリメント等の栄養補助食品として、摂取した方が良いと言われて
いる成分です。

コエンザイムQ10もαリポ酸も、それぞれ単体でも、アンチエイジングや
ダイエット、健康に対して優れた効果を持つ成分ですが、両者が一緒に
なると、素晴しい相乗効果を発揮します。

(αリポ酸とコエンザイムの持つ効能・効果については、こちらのページで
紹介しています)
  ↓
・アルファリポ酸の効能のページ・コエンザイムQ10の効能のページ

αリポ酸とコエンザイムの相乗効果で、一番大きい効果は、抗酸化作用
の増大です。抗酸化作用とは、活性酸素やストレス、生活習慣などが
原因となって、身体の細胞が酸化されますが、その酸化を、防いで
くれる働きの事です。

体の酸化は、体がさびるとも表現されますが、酸化が身体に及ぼす悪影響は
深刻で、老化を早めたり、脂質やコレステロールにも悪影響を及ぼし、
肥満を促進したり、ガンなどの生活習慣病の原因にもなります。

また、肌にも悪影響を及ぼす為、肌が荒れたり、老けて見えるようにもなります。
この様な酸化を防ぐ働きを、抗酸化作用(アンチエイジング)と呼び、
高い抗酸化作用を持つ事が、αリポ酸やコエンザイムQ10の特徴の一つです。

ただ、通常は、抗酸化力を持つコエンザイムや、ビタミンCやビタミンE
などの成分は、一度酸化されると、二度と抗酸化力を発揮する事が出来ません。
然し、ここにαリポ酸が加わる事により、体内で使われて酸化した
コエンザイムQ10や、ビタミンC・Eなどの、他の抗酸化成分を再活性化
して、再利用する事が出来るようになります。

このため、単体で使用するより、αリポ酸とコエンザイムなどを一緒に
摂取した方が、効率的に、アンチエイジングやダイエットが、出来る
ようになります。

αリポ酸とカルニチン

αリポ酸とカルニチンについてご紹介します。

αリポ酸とカルニチン(Lカルニチン)も、共に肥満を解消するダイエット
に役立つ成分として、人気の高い成分です。

αリポ酸もLカルニチンも、元々体内に存在する補酵素ですが、加齢と
共に減少していく成分であり、αリポ酸やカルニチンの不足が「燃焼
しにくいカラダ(痩せにくいカラダ)」「潤いのない老けたお肌」を
招くと考えられています。

αリポ酸もLカルニチンも共に、ダイエットに役立つ成分(補酵素)では
ありますが、実際には、αリポ酸とカルニチンでは、肥満解消に関わる
働きが異なります。

アルファーリポ酸も、L−カルニチンも、糖と脂肪の代謝に関与する
成分と言う点では同じですが、α-リポ酸は、主に糖(炭水化物)を、
L-カルニチンは、脂肪の燃焼をサポートしています。

糖質や脂質の代謝とは、食事から摂取した糖分や脂肪分を、エネルギーに
変えて(燃焼させて)身体に溜まらないようにする働きです。

そのため代謝が良いほど、太りにくく、痩せやすいと言う事になります。
この事は、本当にダイエットに成功するには、糖分と脂肪分の両方の
代謝を高める必要があると言う事を意味します。

何故なら、燃焼し切れなかった糖分は、脂肪へと変換されますし、燃焼
し切れなかった脂肪も、体内に蓄積されます。食生活では、糖と脂肪の
両方を摂取しているので、糖質と脂質の両方を効率的に、燃やさないと
脂肪は効率的に減りません。

この脂肪と糖分を燃焼させて、エネルギーに替える働きをするのが、
体内のエネルギー製造工場とも呼べる、ミトコンドリアと呼ばれる細胞です。

α-リポ酸もL-カルニチンも、ミトコンドリアと深い関係を持ち、ミト
コンドリアというエネルギー製造工場で、糖と脂肪から効率的にエネルギー
が生産される為に働いています。

この時にα-リポ酸は糖分を運び、エネルギーを生産する為に働きますが、
効率的に脂肪分を燃焼させる為に、L-カルニチンが必要です。

そのため、αリポ酸とカルニチンを同時に摂取する事により、効率的に
糖分と脂肪分を燃焼させて、エネルギーに替えることが出来るので、
αリポ酸とカルニチンは、一緒に摂取した方が良いと言われます。

他にも、αリポ酸には、強い抗酸化力があり、活性酸素や日々の生活で
細胞が酸化される事を防ぎます。

体の酸化現象を、鉄などが錆びる事に例えて、「体がさびる」と言われる
事が多いですが、体がさびると老化を早め、肌の状況を悪化させるので、
老けてみえるようになります。

また、コレステロールや脂肪分も、酸化されると燃やされにくくなりますので、
肥満解消にも、大きなマイナスとなります。

αリポ酸の持つ強い抗酸化力は、この様な体のさび付きを防いでくれるので、
アルファーリポ酸とL-カルニチンを同時に摂取する事により、総合的な
ダイエットが可能ですし、美肌等の美容効果も期待出来ます。

尚、効率よく痩せるには、少しでも有酸素運動などの、運動を行った方が
高い効果が得られます。特に、基礎代謝が低下している方は、運動を
併用した方が良いでしょう。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。