スポンサードリンク

カルニチンサプリメント

カルニチンサプリメントについてご紹介します。

カルニチンサプリメントとは、肥満解消に最適とされるカルニチン
(L-カルニチン)の健康食品(栄養補助食品)です。

国内ではカルニチンは、当初医療用としてしか認められていなかったのですが、
欧米では、ダイエットや筋肉のパワーを向上させるとして、アスリートを
初め、多くの方がカルニチンサプリメントを、使用していたこともあり、
日本国内でも、医薬品以外の使用用途に認可が下りると同時に、短期間で
人気の高い栄養補助食品となりました。

L-カルニチンは必須アミノ酸に分類される栄養素で、体内の脂肪を、
エネルギー源として利用する心筋や、骨格筋などに多く含まれています。
しかし、20歳をピークとして、体内で合成できるLカルニチンは、
減少していくため、その多くは食品から摂る必要がある栄養素です。

食品の中では、羊や牛肉に、比較的多く含まれている栄養素ですが、
動物性食品を、過剰に摂る事のデメリットに加え、野菜には殆ど含まれて
いない為、カルニチンを食品から摂るより、カルニチンサプリメントとして
摂取する方が良いと言われています。

そのため、現在では、カルニチンにコエンザイムQ10や、色々な素材を
組み合わせたダイエット用の、カルニチンサプリメントが、人気を集めています。

特にアメリカでは、カルニチンサプリメントは、肥満外来病院で使われる程の
実力がある、ダイエットサプリメントと言われていて、数あるサプリの
中でも、抜群の人気を誇ります。

尚、カルニチンサプリメントを、脂肪を減らす為の、ダイエットに使用する
ときは、運動の併用が効果的です。L-カルニチンサプリメントは、燃焼系と
呼ばれる様に、脂肪を効率的に燃やす事により、肥満を解消していきます
ので、脂肪を燃焼する為には、基礎代謝が高いほうが良いです。

その為には運動を併用する事が一番です。

現在、L-カルニチンサプリメントの原料となる、Lカルニチンの精製
方法には、肉からの抽出法、化学合成法、微生物発酵法があります。

肉からの抽出には、動物性食品のリスクがある可能性があります。
また、化学合成法の際には、D-カルニチン(合成型)も同時にできて
しまいます。体内でつくられるのと同じ反応を、微生物による発酵法で
行うことでつくられた、カルニチンは、L型のみで、D型を一切含みません。

D-カルニチンは、L-カルニチンを競合的に阻害して、その働きの邪魔をします。
したがって、D-カルニチンは、単に有効性がなく、生物学的に不活性な
物質であるというだけではなく、むしろ有害な不純物です。

この様にカルニチンサプリメントでも、精製技術によっても、品質が
異なる場合があるので、カルニチンサプリメントを選ぶ時は、メーカーの
商品説明をしっかり確認するようにしましょう。

この様に、L-カルニチンサプリメントは、脂肪を燃やすのに欠かせない
アミノ酸の一種です。男性より女性に不足する傾向があり、肥満体型の
人も不足傾向にあるようです。

摂取量は通常100mg以内とされていますが、オプティマルヘルス
理論が普及している、アメリカの研究では、1日500mg〜700mg程度の
L-カルニチンが必要だとされています。



カルニチンダイエット

カルニチンのダイエット効果についてご紹介します。

L−カルニチンはダイエットに適しているとされ、ダイエットサプリメント
などにも多く使われる成分です。カルニチン(L-カルニチン)は、筋肉などの
材料となるたんぱく質を、形成する栄養素である、アミノ酸の一種ですが、
脂肪を燃焼させて、エネルギーを生産する働きを担う、ミトコンドリア
と言う細胞と、深い関係を持ちます。

肥満を解消していく為には、脂肪を効率的に、エネルギーに変えて行く事が
必要で、その為には、上手に脂肪を燃焼させることが必要です。

私たちの身体には約60兆個におよぶ細胞があり、その細胞の一つ一つで
燃焼を起こすことができます。さらに細胞には、脂肪の燃焼を司るとされる
ミトコンドリアが含まれており、脂肪が燃焼するためには、ミトコンドリアの
中に入ることが必要です。

ただし、脂肪細胞は単独では、ミトコンドリアに入ることができません。
そこで脂肪細胞を、上手に運搬する為に必要な成分が、L-カルニチンです。

L-カルニチンは脂肪細胞と結合し、ミトコンドリアに、脂肪細胞を運び
燃焼する事により、脂肪を減らして行きます。この働きは、他の栄養素では
代替できない重要な働きです。

この様な理由により、カルニチンはダイエットに対して、素晴しい効果が
期待出来るとされています。

カルニチンのダイエット効果に注目し方法が、カルニチンダイエット
(L-カルニチンダイエット)です。

カルニチンダイエットでは、カルニチンのサプリメント等の、カルニチン
含有食品を摂取しながら、運動を行う事により、筋肉性能が向上して、
基礎代謝量も増えるので、単なる体重減少のみならず、リバウンドの
少ないダイエットが可能とされています。

より一層、カルニチンのダイエット効果を向上させる為には、コエン
ザイムQ10を組み合わせると有効です。また、カルニチンのダイエット
効果では、通常の肥満解消以外にも、中年太りの原因とされる、内臓脂肪の
減少にも効果が期待出来るため、現在多くの中高年の方々の、健康を害す
要因とされる、メタボリックシンドロームの予防や、コレステロールや
中性脂肪を減らす事が可能の為、高脂血症や高コレステロール血症の
予防にも働きます。

L-カルニチンは、本来身体の中に存在する成分ですが、20才位を
ピークとして、加齢と共に減少していく成分です。
そのため、一定量のカルニチンを食品などから摂取する必要があります。
羊肉や牛肉などに含まれていますが、ダイエットにカルニチンを使用する
場合は、サプリメントで摂取する方法が一般的のようです。

また、カルニチンのダイエット効果は、アスリートにも評価されていて、
筋肉質な体をつくるアスリートにも愛用されています。身体づくりを
目指す方は、サプリメントなどから積極的にL-カルニチンを補給する
ことが効果的と考えられています。

更に、Lカルニチンは、アメリカの肥満外来病院で、肥満治療にも使用
されています。この様に、総合的な肥満対策に、カルニチンは役立ちます。

カルニチンの効果とは

カルニチン効果についてご紹介します。

代表的なカルニチンの効果としては、ダイエット効果が有名ですが、
(カルニチンのダイエット効果についてはこちら→カルニチンダイエットのページ
元々カルニチン(L-カルニチン)は、医薬品として認可されていた
ように、ダイエット以外にもカルニチンの効果は、健康と美容面に
おいて様々あります。

L-カルニチンは、体内でたんぱく質を形成するアミノ酸の中の一つで、
脳の働きにとって、重要な成分と言われています。

そのため余り知られていないカルニチンの効果ですが、L−カルニチンは
痴呆症の予防にも、効果があると言われています。

カルニチン(l-カルニチン)は、人間の体内で合成される成分のため、
基本的には、そんなに不足するものではありませんが、合成する力が
加齢とともに低下していくので、加齢と共に食品などから摂取して、
体内でカルニチンが、不足しないようにする必要があります。

カルニチンの効果も、体内の何処の部分で不足していくかによっても
変わってきます。というのも、L-カルニチンは脳で不足すると、痴呆症に
なりやすくなったり、筋肉で不足すると、疲れやすくなったりするからです。
そのため、L-カルニチンの効果を実感するには、カルニチンを補給
する事が必要です。

カルニチンは、羊や牛の肉などに多く含まれている成分ですが、これらの
食品は、動物性の脂肪分も多く含まれる為、サプリメント等で補給する
事が一般的です。

カルニチンの効果としては、体脂肪燃焼(肥満解消)効果の他、ボケ防止、
物忘れの予防(脳細胞を活性化する)、コレステロールの低下、脂肪肝の
予防、中年太り解消(内臓脂肪減少)などがあります。

また、慢性胃炎の治療薬としても使用されています。

この様にカルニチンの効果は、ダイエットや健康維持にとって、素晴しい
働きをします。

国内では、2003年から医薬品以外の、サプリメントなどの原料として
認められた素材ですが、欧米では、以前より、カルニチンの効果に注目が
集まり、サプリメントとして人気が高い成分です。

日本国内と同じように、医薬品としても活用されていますが、脂肪を
エネルギーに変える働きが高く評価され、ダイエットやアスリートの
筋肉性能向上、健康維持などに幅広く利用されています。

また、乳児はL-カルニチンの合成性能が不十分のため、乳児用の食品にも
利用されています。

現在では、日本国内においても、健康食品を初め飲料、乳製品、粉末飲料など
様々な形態の食品に使用されております。

尚、ダイエットでカルニチン効果を効率的に活用するには、運動も行う
必要があります。

l-カルニチンとは

l-カルニチンについてご紹介します。

l-カルニチンとは、特殊なアミノ酸の一種で、体内の脂肪を燃焼し
エネルギーに変えるために、必要不可欠な栄養素です。

そのため、l-カルニチンは、脂肪減少に対し、効果的な働きをする成分と
言われていて、ダイエット用の素材としても、認知度の高い成分です。
l-カルニチンは、体内では、肝臓で少量作られていて、主に全身の骨格筋や
心筋に存在します。そして、脂肪を燃焼させ、エネルギー産生を担い、
筋肉や心臓を、効率よく動かすために働いている成分です。

この様に、身体にとって大切な働きをするl-カルニチンですが、体内でも
合成される成分で、年齢と共に減少するため、年齢に応じて、食品などから
摂取する必要がある成分です。

L-カルニチンは、平均的な日本人の場合、体内の合成で約25%を、
残りの75%を、食事から摂取する必要があるとされていますが、卵・
豆・野菜類にはほとんど含まれておらず、羊肉や牛肉に多く含まれています。

そのため、肉類を多く摂取する事が、l-カルニチンを補給する為には
有効な方法なのですが、同時に現代は高脂肪過多の食事スタイルに、
傾いている傾向が強いので、肉類の過剰摂取には、注意が必要です。

更に、体内のL-カルニチンは、加齢により、生合成能が低下したり、
食事量の減少等によって、加齢と共に合成量、摂取量共に、減少傾向にあります。

また、現代ではダイエットや偏食などによる、食事内容の変化により
不足しがちな成分です。そのため、l-カルニチンは、年齢に応じて
サプリメント等の、栄養補助食品を利用した摂取が、有効だとされて
いる成分です。

l-カルニチンは、主にダイエット用に使用される方が多いですが、
現在は、生活習慣病とl-カルニチンの関係も、注目されています。
何故なら、現代は、生活習慣の変化などにより、生活習慣病が増えて
来ていますが、生活習慣病の原因の中でも、脂肪(脂質代謝)や糖分
(糖質代謝)が影響する場合が多いからです。

その為、現在は、健康診断などで、多くの方が、肝機能障害(脂肪肝)、
高脂血症やコレステロール、糖尿病、内臓脂肪症候群などと言った
脂肪代謝の異常に関係する疾患が、発見される事が多いようです。

この様な中で、L-カルニチンには、脂肪代謝を促進する効果が認められる
として、新たな注目を集めています。

特に最近の研究では、長生きをする方の血中に、L-カルニチンの濃度が
高いという傾向が、見られるとするデーターもあり、l−カルニチンが
生活習慣病の予防に、関わる可能性が高いとされ注目を集めています。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。