スポンサードリンク

プロテインダイエット

プロテインダイエットと、プロテインとダイエットの関係についてご紹介します。

プロテインダイエットは、プロテインの持つ脂肪燃焼促進効果を、利用して
行うダイエット方です。プロテインとは、たんぱく質を意味する言葉ですが、
多くの場合は、質の高いたんぱく質を、効率的に摂取出来る栄養補助食品を
指します。

プロテインサプリメント等を摂取しながら、運動をする事により、筋肉量を
増やして、基礎代謝をアップさせる事が可能になります。
通常ダイエットを行う場合に、リバウンドを起さないように、心がけて
行うと思いますが、リバウンドに深い影響を持つのが、基礎代謝です。

基礎代謝量が増える程、日常生活において、何もしていない時の消費
カロリーが高くなります。そのため、ダイエットをすれば、短期間で
効率的に痩せる事が出来て、リバウンドもしにくいといったように、
痩せ易く、太りにくい体質になる事が、出来るようになります。

この基礎代謝量を、増やして行く為に必要な事が、筋肉の増強です。
筋肉をはじめ、人間の身体の重要な部分の多くは、たんぱく質で、できています。

そのため、良質なたんぱく質を大量に摂る事は、筋肉を増強するために
有効ですが、食事で大量のたんぱく質を摂取しようとすると、余分な脂肪や
炭水化物も、一緒に摂ってしまう事になり、ダイエットを邪魔してしまう
事になります。

これに対して、プロテインダイエットでは、プロテインを使用する為、
効率良くたんぱく質を補強して、筋肉を増強します。
余分な脂肪や成分を摂らずにすみますので、効果的な脂肪燃焼が可能です。

また、プロテインとは アミノ酸の集合体ですから、プロテインダイエット
とは、言葉を代えると、アミノ酸ダイエットと言う事になるます。
ですから、ダイエット効果を発揮するためには、有酸素運動が必須です。

運動を併用しないと、プロテインのダイエット効果は、激減しますので、
注意が必要です。

プロテインには、動物性のプロテインと、大豆プロテインと言う、植物性の
プロテインがありますが、ダイエットや健康維持の目的には、植物性の
プロテインが適していますので、プロテインダイエットに使用するサプリ
メントを選ぶ時は、大豆プロテインのダイエットサプリメントを使用した方が
良いでしょう。

特に、植物性のたんぱく質には、褐色脂肪細胞を活性化させる働きがあります。
褐色脂肪細胞を活性化させる事により、エネルギー生産性が高まりますので、
効率的に脂肪を燃焼させる事が可能ですし、コレステロール値を低下
させたり、高血圧を予防する効果もあります。


プロテインタブレット

プロテインタブレットについてご紹介します。

プロテインタブレットとは、プロテインサプリメントの一種で、プロテインを
使用して、粒状やタペット状に加工した栄養補助食品の事です。

プロテインとは、本来はタンパク質と言う意味ですが、実際には、効率的に
良質な、たんぱく質を補給する事を目的とした、栄養補助食品の事を言います。
通常は、粉末タイプの製品が多いのですが、粉末状の製品の場合は、特有の
口当たりが嫌だと言う意見や、粉で飲みにくいと言う意見もあるため、
その様な点を改良した製品が、プロテインタブレットです。

通常、プロテインサプリは、粉末状の物を水に溶いて飲む事が多いため、
粉末状のプロテインと、加工成型したプロテインタブレットでは、違いが
あるのでは無いかと、思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
粉末状のプロテインでも、プロテインタブレットでも、良質なたんばく質の
補給を目的として使用しますので、両者に違いはありません。

然し、価格的には大きな違いがあり、ある程度の量を摂取する事を前提に
考えると、コストパフォーマンスと言う点において、粉末タイプの製品と
プロテインタブレットでは、大きな違いが出てきます。

プロテインにご興味をお持ちの方は、ダイエットや筋肉をパワーアップ
しようと、思われている方が多いと思いますが、本当に効果を出す為には、
通常は、体重1kgに対して、1g〜1,5g程度のたんぱく質を、補給する必要が
あると言われます。

そのため、ある程度、大量のプロテインが必要になりますが、粉末タイプに
比べて、タブレットのほうが高価ですから、同じ量のたんばく質を、
摂るためには、粉末タイプの何倍もの費用がかかることになります。

また、プロテインのタブレット以外にも、アミノ酸を補給するための
アミノ酸タブレットがありますが、これもたんばく質補給源としては、
プロテインタブレットと同様です。

たんばく質を摂るという意味では、タブレットでも、粉末でも変わりが
無いからです。そのため、プロテインタブレットと同様に、コスト
パフォーマンス問題が出てきます。ダイエットにしても、筋力アップに
しても、継続が大切ですので、コストパフォーマンスも大事だと思います。

そのため、目的や状況に応じて、粉末タイプとタブレットタイプを使い
分ける事をお勧めします。外出先で飲む場合や、こまめにたんばく質を
補給したい場合などには、タブレットを使い、たんばく質をしっかり補給
したいときには、粉末タイプを使用すると言う方法が良いと思います。
上手に賢く利用しましょう。

プロテイン サプリメント

プロテイン サプリメントについてご紹介します。

プロテイン サプリメントとは、プロテインの栄養補助食品の事です。
本来プロテインとは、たんぱく質と言う意味を持ちますが、実際には、
多くの場合、プロテインと言うと、タンパク質を有効に補給する事の
できる、栄養補助食品を指す事が多く、これらをプロテインサプリメントと呼びます。

プロテインのサプリメントと言うと、以前はスポーツ選手やボディービルダー
だけが、使用するものと言うイメージが強かったですが、現在では、
ダイエットや健康維持を目的に、多くの方が使用しているサプリメントです。

プロテインサプリメントには、使用している原料により、動物性のプロテイン
(ホエイ)と、植物性(大豆)のプロテインの、2種類のプロテイン
サプリメントがあります。そして、使用している原料により、特徴や
期待出来る効果も異なります。

動物性のプロテインサプリメントの場合は、腸での吸収率が若干高いので、
より筋肉を付けたい人に向いています。

そのため、主に、大きな筋肉・筋力のアップをしたい、男性のスポーツマンに
向いているプロテイン サプリメントです。

これに対して、植物性のプロテインサプリメント(大豆(ソイ)プロテイン
サプリメント)の場合は、コレステロール低下、血圧上昇抑制、褐色脂肪細胞
熱生産向上(肥満解消)などの効果が期待出来ます。

特に褐色脂肪細胞の熱生産向上作用は、少ない運動量で、効果的に脂肪を
燃焼させる事が可能ですので、健康維持の為に、ダイエットをする場合
などに適しています。

また、プロテインはたんぱく質ですから、サプリメントより、食品から
摂取した方が良いと、思われる方もいらっしゃる事と思います。
実際に、食品の中にもたんぱく質を含む食品は多いです。

しかし、一般的に、プロテインの理想的な摂取量は、体重の1/1000と
言われています。これは、体重が50kgの人であれば、50gのプロテインが
必要となります。50gのプロテインを、食物から摂取しようと思うと、
肉類であれば、約250gもの量が必要で、これだけの量を、食事から
だけ摂取する事は、事実上不可能と言えます。

食品から、タンパク質を大量に採取しようとすると、往々にして動物からは
脂肪分が、植物の場合には、炭水化物を大量に摂取することに繋がり、
その結果として、カロリー摂取過多となり、余分な体脂肪をつける原因となるからです。

そのため、炭水化物や脂肪分を除去し精製し、タンパク質含有率を、
高めた、プロテインサプリメントを使用した方がいい訳です。

吸収効率の面から言っても、普段の食品より、プロテインサプリメントの
方が優れていると言えます。この様な事を考えると、自分の状態に合わせて、
必要なプロテインサプリメントを選び、上手に活用した方が、健康や
ダイエットにも役立ちます。

大豆プロテイン

大豆のプロテインについてご紹介します。

大豆プロテインとは、大豆を原料としたプロテインです。
プロテインとは、たんぱく質を意味する言葉ですが、たんぱく質を有効に
摂取する事が出来る栄養補助食品を、プロテインと呼びます。

その中で、良質の植物性タンパク質として知られる、大豆から、精製した
大豆プロテインは、現代人の食生活に不足しがちな、必須アミノ酸を
豊富に含みます。

また、女性に嬉しい効果を、発揮する事で知られる、イソフラボンが
含まれている事が、大豆プロテインの特徴です。

大豆プロテインは、牛乳や卵を原料としたプロテインに比べ、分解・吸収に
時間がかかり、飲みにくいとされ、同時にこの事が、大豆プロテインの
欠点とも言われる事も多いですが、大豆プロテインには、この欠点を
補える位の、健康効果が期待出来る栄養補助食品です。

まず、大豆プロテインは、大豆タンパク質ですので、確かに分解・吸収に
比較的時間がかかります。然し、その分、体内に留まる時間も長いので、
吸収の速いプロテインに比べて、満腹感も得やすく、長時間効果が続きます。
そのため、代謝を活発にする働きが期待出来ます。

また、納豆や豆乳などでも有名なように、良質な大豆タンパクはダイエットや
筋肉のパワーアップ以外にも、美容と健康に広く効果を発揮します。
その中でも、イソフラボンは、現在とても評価の高い成分です。

大豆プロテインには、イソフラボンが含まれる事が、大きな特徴の一つですが、
イソフラボンは、女性ホルモンにとても近い働きをするので、多くの女性を
悩ませる、更年期障害の改善に働く栄養素です。

この様に大豆プロテインに含まれるイソフラボンは、主に女性に役立つ
栄養素とされていますが、実は、最近では、男性にも役立つ効果があるとされ
益々注目されています。

大豆タンパクには、ホルモンバランスの改善効果がありますが、この働きが
男性の更年期障害とも言われる、前立腺肥大や前立腺ガンを、防ぐと
言われています。更に、過剰な男性ホルモンを抑制する為、薄毛防止などの
毛髪の健康維持に対しても、効果が期待出来るとされています。

これ以外にも、大豆プロテインに含まれるサボニンなどの栄養素は、
老化防止や、コレステロール値低下などの、健康効果が期待でき、
大豆プロテインは、タンパク質以外の部分でも、健康に良い食品として
注目されていますし、ダイエットにも効果があります。

この様に、大豆プロテインは、動物性タンパクのプロテインが、体に合わない
という人や、ヘルシー志向の方にも、利用価値が高い健康補助食品で
あると言えます。

プロテインとアミノ酸

プロテインとアミノ酸についてご紹介します。

プロテインとアミノ酸の関係を見る場合に、アミノ酸とはどうゆう栄養素
なのかを見る事が必要です。

アミノ酸とは、筋肉や消化管、内臓、血中のヘモグロビン、髪や皮膚の
コラーゲンなど、カラダの重要な組織の主要部分を、作る為の材料となる
タンパク質を、構成している栄養素です。

そしてタンパク質を多量に含んでいて、身体に摂取しやすくした健康食品を
プロテインと言います。
(実際には、タンパク質を補助する、栄養補助食品をプロテインと呼んで
います。)

つまり、プロテインとは、アミノ酸が集まったものとも、考える事が
出来るため、プロテインとは、まさにタンパク質そのものと言う事が
出来ます。

プロテインもアミノ酸も、共にたんぱく質として、身体機能の向上、
維持に働きますので、アミノ酸の状態に加工した栄養補助食品でも、
プロテインでも効果は同じように感じます事もあると思います。

プロテインとアミノ酸に加工したサプリメントを、使用した時に、
どのような違いがあるかと言うと、一つは吸収率の違いです。

プロテインは、たんぱく質そのものと、言う事が出来ますが、実際に
身体に吸収できる様にするには、アミノ酸の状態まで、分解する必要が
あります。

そのため、すばやく吸収したい場合は、アミノ酸に加工したサプリメントの
方が、優れていると言う事になります。しかし、筋肉のパワーアップに
しろ、ダイエットにしろ、特定の目的を達成するには、摂取する量も
ある程度多く、必要になります。

この様な場合には、コストパフォーマンスも大切です。
コストパフォーマンスと言う点においては、完全にプロテインに、軍配
が上がります。単価的に高いアミノ酸サプリメントを、少しずつ飲むよりも、
単価の安いプロテインを、多めに飲んだ方が、結果的に良い結果が
得られると言う事になります。

特に、筋肉のビルドアップのためには、大量摂取する必要がありますので
価格が安いプロテインが最適です。

この様に、大量摂取とコストパフォーマンスと言う点において、プロテインも
アミノ酸サプリメントに劣らない健康食品です。

中には、プロテインとアミノ酸では、効果が異なると言う意見もありますが、
吸収率の問題を除けば、タンパク質の構成材料としては、プロテイン1gは、
アミノ酸1gですので、筋肉の材料としては、両者に大差はありません。

しかし、プロテインを使用する場合には、胃腸に障害があったり、胃腸の
調子が悪い場合は、控えた方が良いでしょう。

プロテインは、消化酵素によって、アミノ酸に分解されますので、胃腸の
調子によって、消化がうまくいかない場合もあるからです。
もし、胃腸の調子が悪い場合は、アミノ酸サプリメントの方が良いです。

最初から消化された状態ですから、吸収率はよくなり、胃腸に負担が
かからないからです。この様に、プロテインとアミノ酸では、同じ効果が
得られるものの、多少性質が異なりますので、自分の状態に合わせて
活用した方が良いでしょう。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。