スポンサードリンク

カプサイシン ダイエット

カプサイシンのダイエット効果と、カプサイシンダイエットについて、ご紹介します。

カプサイシンのダイエット効果は、広く知られていて、カプサイシンの
ダイエット効果を利用した、カプサイシンダイエットと言う方法なども
人気の高い肥満解消法の一つとされています。

カプサイシンとは、唐辛子に含まれるアルカロイドと呼ばれる成分で、
唐辛子の辛味を形成しています。そのため、唐辛子の辛味の9割以上は、
カプサイシンの働きによる物です。

カプサイシンの特性としては、脂溶性の無色の結晶で、アルコールに
解けやすく、水には解けにくいという特性を持ちます。カプサイシンが、
痛覚神経を刺激する事により、局所的な刺激や辛味を感じるようになります。

また、カプサイシンをダイエットに利用すると、とても汗をかきますが、
これは、体内に吸収されたカプサイシンが、脳に運ばれて、内臓感覚神経に
働き、副腎のアドレナリンの分泌を、活発にさせ発汗を促すためです。

カプサイシンを摂取すると、小腸から吸収されて、血液によって脳へと
運ばれ、内臓感覚神経に働きかけます。そして、副腎からアドレナリンと
言う、ホルモンの分泌を促します。アドレナリンの分泌が高まる事で、
脂肪から脂肪酸への分解が促進されると同時に、肝臓に蓄積されている
グリコーゲンが、グルコースへと分解されます。

脂肪酸とグルコースに分解する時に、エネルギーが必要となる為、エネルギー
代謝が活発化して、脂肪の燃焼が促進されます。そして体脂肪を減少させます。
これが、カプサイシンのダイエット効果のメカニズムです。

カプサイシンのダイエット効果の特徴の一つが、アドレナリンが豊富に
分泌される事です。アドレナリンが、エネルギーの代謝を高めるため、
カプサイシンダイエットにおいては、有酸素運動をした時と同じくらい
発汗を促すと言われています。そのため、カプサイシンダイエットでは、
カプサイシンを摂取後、短時間で脂肪を燃焼させていく為、カプサイシンの
ダイエット効果には、他の成分には無い、即効性があるとされていて、
通常の運動による脂肪燃焼より、早く効率的に脂肪を減らして行く事が可能です。

そのため、運動をしなくても、運動をした時と同様の効果が得られると言う
意見も数多くありますが、普段から運動をしていて、筋肉量が多く、基礎
代謝量も豊富な方以外は、有酸素運動などの適度な運動を平行して行う
事が必要です。

理論的に、全く運動をしないで、体脂肪を減らすには、莫大な量のカプサイシンを
摂取する必要があり、その様な摂取の仕方は、身体に負担をかける為、
現実的には不可能です。

更に、肥満の方の多くは、運動習慣が無い場合が多いため、基礎代謝も
低下している場合が多いですので、カプサイシンのダイエットには、
有酸素運動を取り入れる方が効果的です。

また、冷えやむくみといったような、肥満体質に多い症状の、改善にも
素晴しい効果を発揮します。

尚、カプサイシンを、唐辛子などの食品から摂る場合は、胃潰瘍などの
胃腸に関する、疾患をお持ちの方や、胃腸が弱い方は、刺激が強いので、
サプリメント等を、利用する事をお勧めします。

また、痔をお持ちの方も、症状を悪化させる危険性がありますので、
控えたほうが良いでしょう。


カプサイシンとは

カプサイシンについてご紹介します。

カプサイシンとは、唐辛子に含まれる成分で、唐辛子の辛さを作っている成分です。
唐辛子の辛み成分のおよそ9割は、カプサイシン類で形成されています。
その為カプサイシンと言うと、とても辛い物と言うイメージがありますが、
カプサイシン自体は無味無臭です。

それでは何故、唐辛子を食べると辛く感じるかと言うと、カプサイシンが
人間の痛みを感じる神経を、直接刺激するからです。
その為、本来は無味無臭の筈のカプサイシンを食べると、とても辛く感じます。

その反面カプサイシンには、舌や胃を刺激し、食欲を増進させる作用が
ありますので、夏ばて等で食欲が無い時などの、食欲増進にも働きます。

カプサイシンに、肥満解消などのダイエット効果がある事は、多くの方々が
ご存知の通りですが、何故、カプサイシンにダイエット効果が、あるかと言うと、
体内に吸収されたカプサイシンが、エネルギー代謝を促進する事により、
脂肪の分解排出を促す為ですが、(カプサイシンのダイエット効果については、
別ページのカプサイシン ダイエットのページでご紹介しています)

このエネルギー代謝を促進させる働きは、ダイエットと同時に、体内に
蓄積された疲労物質の分解を促進します。そのため、カプサイシンには、
肥満解消効果以外にも、疲労回復効果も期待出来ます。

この他にも、カプサイシンには、保温作用、殺菌作用、防腐作用等が
期待出来ます。特に東南アジアの地域では、カプサイシンの持つ殺菌作用や
防腐作用は古来から知られていて、様々な料理に調味料として、使用する
事により、健康維持に役立ててきました。

ちなみに韓国を代表する食品であるキムチは、カプサイシンの防腐作用を
利用して生まれた食品と言われています。

また、カプサイシンの持つ保温作用は、寒い冬の季節のみならず、夏場の
エアコンなどでの、冷房による身体の冷えにも、有効に働きます。
男性と女性では、体感温度に対する違いが多いため、夏場の冷房による
冷えに、悩む女性も多いようですので、その様な場合にも、カプサイシンの
持つ、身体を芯から温めてくれる保温作用は、嬉しい効果です。

また、現在でも、カプサイシンに対する研究は進められていて、最近の
研究では、免疫力を向上させる働きがある事が分かり、健康の分野で、
改めて注目を集めています。

カプサイシンを摂取すると、毛細血管の収縮作用が向上して、血流が
よくなったり、白血球の活性を活発にする為、免疫力が向上すると、
考えられています。

現在、とても多い疾患と言われる生活習慣病にも、免疫力や血流の状態が
大きく関わっています。ガンなどの病気は、免疫力が低下する事により
発症しやすくなりますので、カプサイシンの免疫力向上作用は、私達の
生涯の健康維持にとって、とても役立つ働きです。

また、高血圧も生活習慣病の一つであり、肥満とも関係が深い疾患ですが、
カプサイシンを摂取する事により、高血圧対策にも有効です。
高血圧に深い関係を持つ物に、塩分があります。そのため、高血圧の人は
塩分を控えることが必要ですが、カプサイシンを上手に使うと、塩分摂取量を
減らすことができます。カプサイシンには、塩味を強く感じさせる働きがあり、
塩分を控えても十分満足出来るからです。

上手にカプサイシンを使用すると、2〜3割程度、塩分量を減らす事が可能と
する意見もあります。

塩分を控える事は、血圧以外にも、糖尿や肥満対策にも繋がりますので、
上手に、カプサイシンを利用したら如何でしょうか。

この様にダイエットを初め、様々な健康効果を、カプサイシンは持ちますが、
過剰摂取は禁物です。

余り、多く摂取すると、味覚が鈍くなり、味覚障害を招く恐れがあります
ので、注意が必要です。
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。