スポンサードリンク

食物繊維 サプリメント

食物繊維サプリメントについてご紹介します。

食物繊維のサプリメントとは、ファイバーサプリメントとも呼ばれますが、
ヒトの消化酵素で分解されない、食物中の総体と定義されている、食物繊維を
使用した栄養補助食品の事です。

食物繊維は、以前は評価が低かったですが、腸内環境の重要性に対する
研究が進んだ事もあり、現在では、第6の栄養素として、高い評価を
受けている栄養素です。

特に、現在は食事バランスの悪化などにより、必要摂取量に足りない
栄養素の一つとも言われていますので、食物繊維のサプリメント等の
補助食品を使用してでも、食物繊維の摂取量を増やす必要があると言う
意見も数多くあります。

これは、食物繊維の、健康へ与える効果が大きい為で、便秘解消などの
腸内環境改善をはじめ、糖尿病高血糖ダイエットコレステロールなど
幅広い症状に、関係すると考えられている為です。

そのため、食物繊維を日常の食事から、摂取するのが一番良い訳ですが、
現在の食物繊維の平均摂取量は、必要摂取量とされる20〜25g(1日当り)
に対して、16g程度と大きく低下しています。

この事は、食事スタイルの多様化などが原因とされていて、足りない分の
食物繊維をサプリメントなどの、栄養補助食品を使用して補給する事は、
優れた自己健康管理の一つとされています。

この様に、ダイエットや健康維持、美容効果に期待が持てる、食物繊維
サプリメントですが、食物繊維には、水溶性食物繊維不溶性食物繊維
二種類があり、それぞれ、特性や、期待出来る健康効果も多少異なります。

水溶性食物繊維は、水に溶ける性質を持つ食物繊維で、水分によって
胃の中でドロドロに溶けて、粘性を持つため、コレステロールや糖分、
脂肪分などを吸着して、体外に排出される働きを持ちます。

それに対して、水に溶けない性質を持つ食物繊維を、不溶性食物繊維と言い、
水分を吸うことにより、膨張して、満腹感を感じやすいようにします。

また、腸内細菌の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やし、活性化させるので、
腸内環境を改善して、免疫力を高めて、ガンなどの生活習慣病を予防します。

この様に、食物繊維には2種類あり、食物繊維を本格的にダイエットや
美容、健康維持に生かすには、両方の食物繊維を摂取した方が、高い
効果が期待出来ます。

この様な場合も、食物繊維のサプリメントは役立ちます。

特に、外食や加工食品が多い方や、食事が不規則になりがちな方に
食物繊維のサプリメントは、お勧めしたい健康食品です。



食物繊維 bbcube

食物繊維のbbcubeについてご紹介します。

bbcubeは食物繊維を使用したサプリメントで、キリンヤクルトネクスト
ステージから、販売されている栄養補助食品です。

bbcubeは食物繊維と、ビフィズス菌の相乗作用により、腸内環境の改善に
働きます。

ダイエットのみならず、生活習慣病の予防に、腸内環境を改善して行く事は
とても役立ちます。豊富な食物繊維でbbcubeは、便秘を改善して、腸内環境の
改善に働きます。

現代は生活習慣の変化により、食事のバランスが、崩れている人が多く、
不規則な生活や、偏った食事、ストレスや加齢などで、ビフィズス菌などの
善玉菌は減少します。

腸内環境を良好に整えていく為には、腸内細菌である、善玉菌悪玉菌
バランスが、保たれている事が大切です。腸内に、悪玉菌が増えてくると、
便秘を起しますが、便秘以外にも、体内毒素と呼ばれる有害金属(有害
ミナラル)
や、ダイオキシンなどの排出も妨げられるため、健康維持に
取って、大きなマイナスとなります。

この様な状況を、キリンヤクルトのBBcubeは、ビフィズス菌の働きにより
防ぎます。また、腸内環境の改善には、食物繊維の働きも、欠かせません。

食物繊維は、胃の中でドロドロに溶けて、コレステロール脂肪などの
不必要な体内脂肪を、排出させる働きをしますし、善玉菌の餌になり、
善玉菌を増やして、便秘を解消して腸内環境を良好にします。

キリンヤクルトネクストステージの、食物繊維 bbcubeは、腸内環境を
改善する事で、健康をサポートするサプリメントです。

更にBBcubeは食物繊維と、ビフィズス菌の健康効果以外にも、手軽に毎日
続けられる健康食品としても、優れています。BBcubeは、1個当たり
約9キロカロリーと、とても低カロリーですし、クセのないナチュラルな
味わいを持つので、飽きずに毎日続ける事が可能です。

また、BBcubeは、サクッと食べられる一口サイズで、1個ずつの
完全密封包装ですので、携帯にも便利です。

忙しい時こそ、手軽に行える健康管理が大切です。

キリンヤクルトネクストステージの食物繊維,bbcubeで、手軽にお腹の
健康管理は如何でしょうか。持ち歩きにも便利で、いつでもどこででも
食べることができる、おなかの健康サプリメント。
それがキリンヤクルトのBBcubeです。

食物繊維ダイエット

食物繊維のダイエット効果についてご紹介します。

食物繊維のダイエット効果は、食物繊維の持つ、満腹感を得られやすい
働きや、体内脂肪類の吸収を抑制して排出する働きにより、得られる効果です。

食物繊維には、水溶性の食物繊維不溶性食物繊維の二種類があり、
水に溶けるかどうかで、水溶性と不溶性に分かれます。
ファイバーダイエットとも呼ばれる、食物繊維ダイエットに使用される
ことの多い、グルコマンナンなどは、水溶性食物繊維で、キトサンダイエット
として有名な、キチン・キトサン不溶性食物繊維です。

両者は、特徴が異なりますが、どちらの食物繊維も、ダイエットに対して有効です。
食物繊維のダイエット効果は、体重が減少する事も、嬉しい効果ですが、
それ以上に、腸内環境を良好にする為、太りにくく、痩せやすいと言った
肥満しにくい体質に変わる事を、サポートすると言う事が特徴です。

これは、水溶性食物繊維の、胃の中でドロドロに溶けて、コレステロールの
排出を、促進したりする効果や、不溶性食物繊維の水を含むことにより
何倍にも膨れて、有害ミネラルや、脂肪等を、体外に排出させる効果がある為です。

そのため、体内の脂肪を低下させたり、腸内環境を改善する事により、
免疫力を高めて、脂質や糖質などの代謝が、低下する事を防ぎます。

また、便秘も肥満体質の原因となりますが、便秘を解消する働きも、
食物繊維のダイエット効果の一つです。

もう一つの食物繊維のダイエットの特徴は、少量の食事量でも、満腹感が
得られる為、総摂取カロリー量を、下げる事が出来る事です。

食物繊維は、カロリーが、殆ど無い為に、多少多めに食べても、太ると
言う事がありません。そのため、空腹感から来るダイエットストレスを、
抑える働きもあります。

また、食物繊維は炭水化物に分類されますが、糖質とは異なり、消化
されませんし、吸水力があり、水分を吸うとかさが増えますので、少量でも
満腹感が得られます。それに血糖値の上昇も緩やかです。これは、食物繊維を
多く摂ると、胃が内容物を、腸へ送りだすスピードが遅くなる為、腸壁からの
糖質吸収に時間がかかる為ですが、血糖値の上昇が緩やかな事で、糖尿病
対する予防効果に加えて、空腹感も、多少ですが、感じにくくする効果も
期待出来ます。

この様に、食物繊維のダイエットは、脂肪減少に加えて、コレステロールを
正常に保ち、便秘を解消させて、少量の摂取カロリーでも、満腹感を
得られると言う、数多くのダイエット効果があります。

しかし、短時間で極端に痩せると言う事は、難しい事が多いので、数が月の
スパンで、徐々に痩せていくと言うダイエット法です。

食物繊維は、穀類や豆野菜いも海藻きのこなどに多く含まれて
いますが、効果的に、食物繊維のダイエットがしたい場合は、ダイエット用の
食物繊維食品や、サプリメントを利用したほうが良いでしょう。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維についてご紹介します。

不溶性食物繊維とは、糖がたくさんつながった構造をしており、水に溶けない
性質を持つ食物繊維で、穀物類や野菜、きのこ類、エビやかにの殻などに
多く含まれます。

この中で、穀類、豆類、野菜には、セルロースが、穀類、豆類、野菜、海藻類には、
へミセルロースが、キノコ類にはグルカンが、エビやかにの殻などには、
キチン質(キチン・キトサン)が、含まれていて、これらが代表的な
不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維の代表的な効果は、腸内環境の改善です。

水に溶けない性質を持つため、水を多く吸収して数倍に膨れ、これが腸を
刺激して、ぜん動運動を活発にさせることによって、軟便にして、排泄を
促したり、体にとって有害な、腸内の老廃物を排せつして、便秘などを
解消します。

また、蠕動運動が促進される事により、大腸内での有害な物質の通過時間が
短縮される事により、発癌物質と腸壁の、接触時間を減らす事が出来るので、
大腸癌の発生を、抑制できるとする意見もあります。

腸内環境の改善には、水溶性の食物繊維も、効果がありますが、不溶性
食物繊維の方が、効果的と言われます。それは、不溶性食物繊維は、
保水性が高く、大腸内で、水分を含むと、数倍から数十倍に膨らむ特性を
持つからです。

そのため、便のかさが増しますし、柔らかくもなるので、大腸のぜん動運動が
より活発になり、排便がスムーズになります。また、不溶性食物繊維は、
排便をスムーズにするだけでは無く、水銀やカドミウムと言った、有害
ミネラルや、ダイオキシンと言った様な、健康を害す恐れのある有害物質を
吸着して、体外に排出する働きを持ちますし、免疫力の低下を防ぐ働きも
あるため、大腸ガンなどの生活習慣病を、予防する効果が、期待出来ると
されています。

尚、不溶性食物繊維とは逆に、水に溶ける性質をもつ水溶性食物繊維に
関する情報も、別ページでご紹介しています。
ご興味のある方は、水溶性食物繊維のページをご覧下さい。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維についてご紹介します。

水溶性食物繊維とは、水に溶ける性質を有する食物繊維です。

水溶性食物繊維には、果物、野菜に多く含まれるペクチンや、コンブや
ワカメ等の海藻類に多く含まれる、アルギン酸、コンニャクの主成分である
グルコマンナンなどがあります。

これらの水溶性食物繊維は、消化吸収される事が無く、特有の粘性を持つために、
コレステロールなどを排出して、腸内環境を改善したり、血糖値の上昇を
抑える事により、糖尿病の予防、ナトリウムの排出を高めて、高血圧の
予防に働きます。

そのため、水溶性の食物繊維は、ダイエットをはじめ、美容と健康維持に
役立つ栄養素です。

水溶性食物繊維が、糖尿病予防や、コレステロールの排出に役立つ理由は、
水溶性食物繊維の持つ粘性にあります。水溶性食物繊維は、水によって
溶けると、特有の粘性を持つようになります。この粘性が、炭水化物の
消化・吸収を阻害して、ブドウ糖が血中に出てくる速度を、遅らせるので、
血糖値の急上昇を防ぎます。

また、粘性を持つ水溶性食物繊維は、腸内を通過していく時に、コレステ
ロールや、胆汁酸などを、吸着して排出します。食物繊維は、消化・吸収
される事が無いので、そのまま排出されます。そのため、コレステロールの
吸収・再利用を抑制する働きを持ちます。

その結果、コレステロールと関係が深い、高脂血症や動脈硬化などの
生活習慣病の予防に働きます。

この様な食物繊維の働き以上に有名な、水溶性食物繊維の働きは、便秘の
解消効果ですが、これは、水溶性食物繊維が、腸内環境を改善する働きを
行うからです。

腸内環境が悪化する原因は、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が
増える事ですが、水溶性食物繊維は、善玉菌のエサとなるため、善玉菌を
増やし、大腸の病気を防ぐ働きがあります。

そのため、水溶性食物繊維が不足すると糖尿病、高脂血症、大腸炎などの
疾患に罹り易くなります。

他にも、水溶性食物繊維の働きには、高血圧を予防する働きが、あります。
これは、水溶性食物繊維が、ナトリウムの排泄を促進し、血圧の上昇を
抑制するからです。

この様に、水溶性食物繊維には、肥満予防のダイエット効果や、糖尿病や
高血圧を予防して、生活習慣病予防などの、健康に広く役立つ栄養素です。

※水溶性食物繊維のもつダイエット効果や、不溶性食物繊維については、
別ページでご紹介していますので、どうぞ、ご覧下さい。

食物繊維ダイエットのページ ・不溶性食物繊維のページ
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。