スポンサードリンク

コレステロール サプリメント

コレステロール サプリメントについてご紹介します。

コレステロール サプリメントとは、コレステロール値を正常にする為に
役立つ栄養補助食品の事です。コレステロールをサプリメントなどで、
適正な状態(コレステロール値の正常値は、HDL:40mg/dl以上 、
LDL:170mg/dl以下 、総コレステロール: 220mg/dl以下です。)
にする事は、ダイエットをはじめ、健康を維持していく上で、とても必要な事です。

何故なら、コレステロールが、体内に多い状態が続くと、血管にコレステロールが
悪影響を及ぼす為に、動脈硬化を起し易くなります。動脈硬化は、脳梗塞
心筋梗塞虚血性心疾患)を、発症させる場合が多く、同じく、脳や心臓の
病気の原因となる、高血圧の原因ともなります。

そして、生活習慣病を初めとして、健康に対して大きなリスクファクターと
なるからです。そのために、コレステロールをサプリメントで、コントロール
して行く事はとても大切です。

コレステロール対策に役立つ、コレステロールサプリメントには、大きく分けて、
悪玉コレステロール(LDL)を減らす効果をもつタイプと、善玉コレステロール(HDL)
増やすタイプ、総コレステロールを減らすタイプの、3種類のコレステロール
サプリメントがあります。

この時に気をつけなければならない事が、善玉コレステロールが、
減らないようにする事です。LDLが増えると、動脈硬化が促進されますが、
HDL(善玉コレステロール)は、余分なコレステロールを、血管壁から抜き
取って肝臓に戻すという働きをします。そのため、HDLは、少ないと、
動脈硬化が促進されるので、とても大切な働きを担っています。

コレステロール サプリメントを選ぶ時は、この様な事も考慮して、
選ぶほうが良いでしょう。コレステロールサプリメントの中には、
LDLは、減らして、HDLは増やすと言う、働きを持つタイプもあります。

また、コレステロールをサプリメントで正常に保つ事は、ダイエットにも役立ちます。
ダイエットを成功させるには、体脂肪を減らす事が必要ですが、体脂肪とは、
中性脂肪、遊離脂肪酸、コレステロール、リン脂質などの、人間の体内に
ある脂質の総称です。

特に現代は、コレステロールの非常に多い食事を摂取し続け、肥満になる
人が増え続けていますし、運動量も不足していると、言われています。

特に、肥満の人の多くは、コレステロールが多すぎる傾向に、ありますので、
コレステロールサプリメントで、コレステロールを減らす事は、ダイエットを
サポートする上でとても大切です。

この様にコレステロールサプリメントは、健康とダイエットに、高い
効果を発揮します。

コレステロール対策に役立ち成分としては、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、
レシチンなどです。特にレシチンには、LDLの排出と共に、HDLを増やす働きもあります。

また、フコイダン、大麦若葉などは、良質な食物繊維ですし、タウリン
なども効果があります。


タウリン サプリメント

タウリン サプリメントについてご紹介します。

タウリン サプリメントとのベースとなるタウリンとは、含硫アミノ酸と
呼ばれるアミノ酸の一種で、イカタコカキなどの、魚介類に多く
含まれている成分です。タウリンは、人体にも存在している栄養素で、
人間の体には、体重の約0.1%のタウリンがあり、心臓・肺・肝臓・脳・骨髄などの
あらゆる臓器や、組織に広く分布していることから、生命活動の維持に
不可欠な栄養素とされています。

タウリンは、アミノ酸の中でも、必須アミノ酸ではないため、体内で
生成される成分です。そのため正しい食生活を送っていると、不足する事は、
少ないのですが、現在は食生活の欧米化などにより、食事のバランスも
崩れ気味で、その様な場合は、タウリンが不足します。

特に、魚介類よりも肉類が中心になったり、食生活そのものが不規則に、
なりがちな人は、タウリンも不足しがちです。

そのため、現在はタウリンサプリメントで、補給する必要がある栄養素とも
言われています。タウリン(サプリメント)の持つ健康効果として一番有名な
事は、肝機能改善効果で、肝機能を改善する医薬品としても、使用されています。

この様に、タウリン(サプリメント)は、一般的に肝臓に効く成分と、
言われる事が多く、そのためタウリンはサプリメント以外にも、健康
ドリンクの成分としても有名です。

しかし、現在は、タウリン(サプリメント)の、ダイエット効果にも、
注目が集まっています。その中でも、タウリン(サプリメント)のコレ
ステロールを排出させる効果は、注目されています。

タウリン(サプリメント)を摂取する事により、肝機能改善に働きますが、
肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを、排泄させる働きがあります。
そのため、タウリン(サプリメント)によって、胆汁酸の分泌が増えると、
血液中のコレステロール値も下がります。

また、現在は、血流が低下していると、ダイエットをしても、痩せにくいと
言う意見が発表され話題となっています。これは、ダイエットに関係する、
ホルモンや酵素、補酵素、ブドウ糖や脂肪が、ほとんどが血液によって
運ばれますので、血流の悪さは、直接的にダイエット効率の低下に、
繋がると言うものです。

実際にアメリカでは、どのようなダイエット法を行っても、痩せない体質の
人には、血流の低下が共通しているとして、痩せ難い体質を、意識する方の
多くが、血流を上げるための、努力をしていると言われています。

これに対して、タウリン(サプリメント)はアミノ酸なので、有酸素運動を
併用した場合に、血流の改善効果が高く、そのため、ダイエットにも
タウリンのサプリメントは、適していると言われています。

大麦若葉

大麦若葉についてご紹介します。

大麦若葉とは、大麦の草丈が30〜40cmほどに成長した、実を付ける
前の葉の事です。大麦が生長する過程である大麦若葉には、食物繊維
ビタミン、ミネラルが、豊富に含まれていて、クロロフィル(葉緑素)、鉄分
カルシウムカロチンカリウム亜鉛マグネシウムアミノ酸など、
様々な有効成分を豊富に含みます。

その豊富な含有量は、代表的な緑黄色野菜である、ほうれん草と比較しても、
ビタミンCは30倍以上、βカロチンは6倍、カルシウムは10倍以上、
カリウムは17倍と、素晴しい含有量を誇ります。

また、大麦若葉は青汁の原料としても有名で、大麦若葉の持つ健康効果には、
コレステロールや脂質、有害ミネラルと言った、体に不要な物質を排出させたり、
免疫力を向上させる効果が期待出来ます。

そのため、ダイエットのサポートや、抗がん作用、動脈硬化予防、糖尿病予防
などの、生活習慣病予防に広く効果が期待出来ます。

その様な大麦若葉の効果の中で、肥満解消のダイエットに関係する効果に
ついては、コレステロールの減少効果と、糖尿病の予防効果です。

特に、コレステロール値を下げるのに、大麦若葉が大変有効であると
されています。それは、大麦若葉には、ヘクサコシルアルコールという
成分が含まれていて、腸管からコレステロールの吸収を、抑制する作用がある為です。

更に、高コレステロール血症の治療薬として使用されている、ベータ
シトステロールという成分も含んでいて、血液中のコレステロール値を、
下げる働きを持ちます。また、大麦若葉には、植物繊維が豊富に含まれる為、
コレステロールや脂肪の排出効果が期待出来ますし、同時にダイエットに
大きく影響する、便秘の解消にも働きます。

また、糖尿病に対しては、大麦若葉がインスリンの機能を、補助する働きを
持つため、血糖値を下げて、糖尿病の予防・改善に効果があるとされています。
ダイエットに取り組む方の中には、糖尿やコレステロールの悩みを、
お持ちの方も多いので、この様な、大麦若葉のダイエットをサポート
してくれる働きは、嬉しい効果ではないでしょうか。
タグ:大麦若葉

低分子フコイダン

低分子フコイダンについてご紹介します。

低分子フコイダンとは、分子量を小さく加工したフコイダンの事です。
フコイダンを低分子化することにより、体内への吸収力が向上するので
フコイダンの持つ、コレステロールや脂肪分排出能力などの、健康・美容
効果が、より一層高まります。

フコイダンとは、モズクワカメ昆布などの海藻類に含まれる成分で、
海藻独特のヌルヌル成分です。ヌルヌル成分の中には、海藻から抽出される
硫酸アミノ多糖類が含まれまており、その硫酸アミノ多糖類の総称を、
フコイダンと言います。

フコイダンの健康効果としては、ガンを防ぐ効果に、注目が集まっていますが、
フコイダンの、ヌルヌル成分であるアミノ多糖類は、食物繊維の一種ですので、
肥満の原因となる脂肪や、コレステロールなどを吸着して、体外へ、
そのまま排出します。

マウスの実験でも、フコイダンが、肥満を抑制する研究結果が、でています。
そのため、フコイダンは、肥満解消のダイエット効果もあり、生活習慣病の
予防に、効果が期待出来る成分です。

この様な、素晴しいフコイダンを効率良く、体内で生かすために、フコイダンの
分子の大きさが関係します。海藻類の中でも、フコイダンは、モズクに
多く含まれますが、モズクに含まれている状態では、分子量が大きすぎるために、
ほとんど、吸収することができないと言う特性を持ちます。

口からとり入れた食べものは、胃腸で細かく 分解、消化されて ドロドロの
状態になってはじめて、腸の粘膜から吸収されます。この時に分子が、
大きい高分子状態だと、体内で吸収する事ができない為、私達の身体は、
通常は、そのような高分子状態の食べものでも、胃腸で細かく分解 ・消化して、
分子を小さくすることで、吸収することが出来るようになっています。

しかし、フコイダンを分解 ・消化するために、必要となる酵素が、
人体には備わっていないため、せっかくのフコイダンも、口から入ったときの
高分子状態のまま、体内に吸収することができず、ほとんどが便として
排出されてしまうのです。

そのため、フコイダンの本来の効能を生かすためには、分子を小さくした
低分子フコイダンの方が、良いと言われています。また、低分子フコダインは、
胃がん胃潰瘍の原因とされるピロリ菌や、有害金属なども吸着して体外へ
排出させる効果を持ちますので、低分子フコダインは、健康維持に広く役立つ成分です。

フコイダン サプリメント

フコイダンサプリメントについてご紹介します。

フコイダンのサプリメントとは、もずくやコンブ、ワカメなどの海藻類の
ヌルヌル成分で、コレステロールや脂質の排出作用が強い事で、知られる
フコイダンを主成分とした栄養補助食品です。

最近では、フコダイン(サプリメント)には、コレステロールや脂肪排出の
ダイエット効果だけではなく、抗がん効果もあるとされ、生活習慣病
予防対策に注目されています。

フコイダンは、海藻の中でも特に、モズクに多く含まれていますが、健康維持や
コレステロール排出効果などの、ダイエットに使用するには、食品からの
摂取だけでは不足です。何故なら、含有量が多いとされるモズクでも、
フコイダンは、約4%しか含まれていない為、膨大な量を食べなければ、
ならないからです。

さらに、フコイダンが体内で、効果的に作用する為には、消化吸収される
必要がありますが、モズクに含まれている状態だと、分子が大きすぎる為、
体内に吸収される事が、出来ないのです。そのため、フコイダンはサプリメントで
摂る方が良いとされています。

フコイダンは、以前は大変貴重な成分と、言われていた成分です。
フコイダンの効果自体は、以前から知られていましたが、フコイダンは、
多糖類に分類される成分の為に、非常に複雑な構造をしていて、複雑に
絡み合った状態で、存在しているので、分解する為に、高い技術が要求されます。

そのため、フコダインサプリメントとして、供給される量も、とても少なく
貴重な成分とされていました。

然し、近年は、優れた抽出技術が開発された為、健康食品としてもフコイダン
サプリメントは、供給されるようになりました。そのため、現在は数多くの
フコダインサプリメントが存在します。

価格にも開きがありますが、低分子のフコダインサプリメントほど、
価格的に高価なようです。また、フコダインサプリメントと言う言葉も
見かける事がありますが、内容は、フコイダンサプリメントと同じです。

レシチン

レシチンについてご紹介します。

レシチンとは、リン脂質と呼ばれる脂質の一種で、細胞膜、脳、神経組織
などを、形成している大切な成分です。そのため、レシチンが不足すると、
脂肪肝動脈硬化、記憶力減退などの、疾患に罹る可能性が高まるとされています。

また、レシチンはコレステロール値を正常にする働きが、高く評価されていて、
レシチンサプリメントなどの、健康食品としても人気の高い成分です。

特に、レシチンの持つコレステロールに対する働きは、高く評価されていて、
レシチンは、体内から多量のコレストロールを、体外に押し流す為に、
強力な作用を行うとする研究データーや、臨床実験の結果等も、発表されています。

コレステロールは、脂肪の一種ですから、水となじみにくく、ワックスの様に、
固まりやすい性質を持ちます。そのため、血管に溜まり易く、コレステロールは、
動脈硬化を促進する、危険性の高い脂とも言われます。

本来はコレステロールにも、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロールがあり、
善玉コレステロールが、悪玉コレステロールを排出する働きを、
担っていますが、肥満の方の場合は、悪玉コレステロールが多く、善玉
コレステロールが、少ないと言った場合が多く、この様な状態だと、益々、
動脈硬化脳卒中などの、生活習慣病を起し易くなります。

しかし、レシチンは、水に溶けにくいコレステロールを、水に溶けるように
変えるので、コレステロールの排出に役立ちます。

また、人間の細胞の中には、コレステロールを排出する為に働く、酵素も
存在していて、余分なコレステロールの排出を行っていますが、レシチンは、
この酵素を活性化させて、排出効率を向上させる効果もあります。

この様に、レシチンは水に溶けにくいコレステロールを、水に溶け易くして
排出しますが、これは、レシチンの持つ、乳化作用に作用による物です。

私達の身体は、約60兆個の細胞から出来ていますが、この細胞の一つ、
一つにレシチンは存在します。

そして、人体には、水溶性と脂溶性と言う、水に溶ける性質を持つ物と、
脂に溶ける性質を持つものがあり、この二つのタイプから、人体が構成されています。
レシチンは、脂溶性と水溶性の物質を繋ぐ働きを持つために、水に溶けにくい
性質を持つコレステロールを、水に溶けやすいようにして、排出する事が可能です。

また、ダイエットには、脂肪をエネルギーとして、燃焼させる必要がありますが、
脂肪が、エネルギーとして利用されるためには、一度たんぱく質と結合する
必要があります。この結合を行うのも、レシチンの働きです。
そのため、レシチンはダイエットにも役立つ成分です。

他にも、レシチンは新陳代謝を活発にして、老廃物などを排出させる働きも
あるため、老化を抑え、若さを保つと言った効果も期待出来ます。

尚、レシチンは、原料に卵を使用するか、大豆を使用するかで、2種類に分かれます。
通常、大豆を使用したレシチンは大豆レシチンとして区別されています。
タグ:レシチン
人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。